2006年12月31日

〆の挨拶

初めましてのかたも、そうでないかたも、いらっしゃいませ。
大晦日の夜をいかがお過ごしでしょうか。
しおのやでございます。

御来訪くださる方々へ、深い感謝の意を込めまして、
皆さまの来年の一病息災を願い申し上げ、
今年最後の記事、そして本年の御礼とさせていただきます。


ありがとうございました。

posted by しおのや at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

読み収め二〇〇六

公序良俗に反しない書籍として、堂々と胸を張れる書籍を余り読んでいません。
皆さま、こんばんは。

寒いときはこたつに入って寝転がって本を読むのが一番ですね。
おおよそ活字の世界から、眠りの谷間にまっさかさまと云うパターンである為
冬場は、ほかの季節よりも読書量が少ないわけですが。
ちなみに、最も読書量が少ないのは夏です。汗をかいた手で書籍のカバーや
ページを触りたくない偏屈な潔癖気性がそうさせるわけでございます。

服部半蔵と影の一族」 発行/学研
服部半蔵、と云う人物は一体なにものなのか。
謎多き人物像を明らかにするべく、古文書や歴史書を傍らに推測推理する一冊。

戦国時代に於いて「忍びの者」が果たした役割とは、
服部家の系譜から血筋を読む、
忍びと織田信長、忍びと今川義元、忍びと徳川家康などなど
多くの文献を検証して、服部半蔵の軌跡を炙り出そうと云う内容です。
派手な忍術等の記述などは一切ありません。

間者、諜報員としての忍びが、国取り合戦にどう係わったのか、影響したのか
その辺のことが書いてあります。意外と内容は地味です。しかし緻密です。
服部半蔵の“或る部分”の考証をまとめた“或る一冊の書”ってな具合に読むと
どっぷりと楽しめます。

歴史に沿って読み解きを試みている為、日本史が苦手なわたくしはあちこちで
蹴っつまづき、世辞にもスマートとは云えない読了となりました。

遺品整理屋は見た!」 出版/扶桑社
一時期、話題になっていた本をようやく入手しました。
まず一言。

見られる前に、(見られるとまずそうな私物を)消せ!

とは云え、生きている内に、己の私物を整理すると云うのは難しい。

「生きてりゃいつかは死ぬ」
とは解かっていても、それがいつなのかはっきりしないわけですから、
私物を片付ける、と一言で解決する策はあっても、いつやるのか、
その判断が非常に困難な見極めを叩き付けてくるわけです。

いつ死んでもいいようにと今日か明日にでも、エロ本、いやまあそう云った
人目に触れさせられない「楽しみ」を片付けたのはいいが、その明日明後日に
死ななかったら時期尚早となり、
あと十年は死なんだろうと思って片付けを先延ばしにしていたら
翌日、唐突に鬼籍に入る……なんてこともあるかもしれない。

財産になるようなもんはありませんが、人目を遠ざけておきたいものが多い!
だってこれは私の楽しみ、愉楽であるからして……。

本日の所望品 「己の命の絶える三日前に鳴る、永劫就寝アラーム付き時計」
posted by しおのや at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 読む観る聴くの楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

つべたい…

PC周辺機器が冷たい……。

キーボード→剣山。叩くと指先に痛みが走る。
マウス→氷塊。
ペンタブレット→銀盤。スケートリンク。
ディスプレイからの熱→100メートル先の懐炉(=熱が感じられない)。
PCデスクの横の壁の隙間風→冷たいと云うより痛い。

PC周辺が寒い……。


急に冷え込んで冬らしくなりました。
posted by しおのや at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

命名メモ

中途半端に時間が空いております。

無職と受験戦士にはクリスマスも正月もない!

と、錦にもならない継ぎ接ぎの幟(のぼり)を掲げていたのは、遠い昔。
まあ今も昔も変わりなく、世間の行事に疎く鈍い、が平生のしおのやです。
皆さま、こんばんは。

さて、
本日は母屋(楠々屋)で毎週土曜日更新の散文小説の話をいささか。
これ、登場人物の名前をメモした紙をどこへやったか忘れてしまったので
新しく苗字を考えたんですが、本日未明、本棚の紙断層から発掘しました。
それによると、

○逢背 倫二(あいせ りんじ) 隣人ヲ愛セ
尾田原 評次(おだはら ひょうじ) 小田原評定
郷屋   (さとや れ

○楢井 世南(ならい せいな) 習ヒ、性ト成ル
○火ノ原 燎一(ひのはら りょういち) 火ノ原ヲ燎(焼)クガ如シ
○汽泊 淡彦(きはく あわひこ) 果敢無イモノノ譬エ
○兼羽 梨子(かねば なしこ) 金ハ無シ
○向 瑞子(むかい みずこ) 向コウ見ズ

と、なっていたらしい…。
*以上は、紙に記した文字をなるべく元のままに打ち込んだものです。

原稿自体には苗字を呼ぶシーンがない為、苗字が解からず。と云いますのも、
元の文章は、劇の脚本のように名前と台詞だけで構成されておりまして
状況描写もありませんで。
なお、PCで起こす際に、変換の手間諸々の都合で名前の字を変えたり、
世南に至っては「南緒子」と全く違う名になったりとしております。

このメモが見付からなかったゆえに、即席で苗字を被せたわけですが
その結果、名前に託した意が無くなってしまいましたね(笑)。
いつもいつもこう云う風に、名前に意味を持たせるわけではありません。
でも、何か設定した覚えがあったので、このメモを探してたんだけど……

タイミングが悪いと云うこと、の好例ですな。
posted by しおのや at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 散文のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

久々ログイン

時間の都合やら、体調不良やらで、ほとんどログインしていなかった
オンラインゲームをやって来ました。しおのやです。
皆さま、こんばんは。

ここ一週間くらい放置状態だったんですが、夕方頃なら人も少ないかなあと
ログインして、レベル上げに勤しんでおりましたところ、なんと!
思いもよらぬアイテムを拾得しまして、現在、非常に浮かれポンチです。
装備レベルのないものなので、さっそく装備しました。
スクリーンショットを掲載したいんですが、そこは我慢の字。

公式サイトを眺めておりますと、パーティーを組んだりギルドを作ったり
楽しそうなんですが、時間の空きが日によってまちまちではっきりしない為、
参加できません。ままならぬと思ふこころ。

ともあれ、ええもん拾いました。
posted by しおのや at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

レインボーぐら

暖冬ですね。
過ごし易いのはいいんですが、来たる厳寒の日への心の準備が出来ません。
二十九日にとんでもない冷え込みが予想されているようで。

皆さま、こんばんは。しおのやです。

AzSky さま開発のソフト“AzPainter”のニューヴァージョンが
アップされました!さっそくダウンロードしてテクスチャデーターを上書きし、
設定を済ませて、ペンタブレットを準備。いざ描画。

今回のヴァージョンアップで一番感激したのは、
グラデーションペンを使うときに、Altキーを押すことで虹グラデーションが
描かれると云うところです。

新しい機能は使って慣れよとばかり、さっそく虹描画で遊びました。
細かい線で描画すると、カラーテレビのノイズ画面としても使えそうです。
カラー画面になるってんなら、彩度を変えれば白黒にもなると云うもので
じゃあ古いブラウン管テレビでも描くか!

と思ったんですが、今日は雨でございましたのでくもとりな気分で

rainbow.png

こう云う具合になりました。

いやあ、面白いですね。虹グラデーション描画!
虹を歪めたり指先ペンで擦ったり、うまく使えば、妙ちきりんな満艦飾ドレス
なんてのも、描けそうです。
虹色スーツとか。
posted by しおのや at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

ディープ

neptune.jpg

サブマージ!

でしたっけね、技名……。
ええと、深くは語りません。
ストーリーもキャラクターもほとんど知らないので、語ることがないだけです。
上のキャラは色具合が好きです。

アニメ(CG)塗りを独学であれこれ試してはいるんですが、いかんせん
上達物差しの目盛が曖昧な為、うまくいってんだかどうなんだか。

強かったですね、ディープインパクト。これ競馬。
凄かったですね、ディープインパクト。これ隕石破壊計画。
posted by しおのや at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム、漫画、アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

今日一番のびっくり

くる花の二代目アイドル「ぼろー」がクリスマスの装いにチェンジしている!

わたくしはこの行事と縁が遠く、御馳走にもプレゼントにも興味が薄い為
クリスマスだっても、それらしい絵は描かないぞ、と思っていたわけですが
ここに来て、親馬鹿と云いますか、くる花が華やかなクリスマスムードを
まとっているので、ついついそれらしい絵を描く心持ちになりました。


《あばら屋絵日記》

boro_mas.png

貧子(向かって左)が持っている入浴剤は、乏一へのクリスマスプレゼント。
中身は、御歳暮の有り合わせの詰め合わせ。

どてらは冬の標準装備です。
posted by しおのや at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

反乱ドライブ

PCゲームを買ったはいいんですが、CDドライブがまたストライキを起こし
うんともすんともいわない為、パッケージを開封する楽しみで止まっています。
外付CDドライブを出すのは面倒だから、内蔵CDが動くことを期待しよう……。

何かの拍子で動かなくなって、何かの拍子に動き出す。
困ったものです。

あ、でも去年のこの時期にいやーなことがあったのでデーター保存の為にも
二十七日辺りまでに動かなかったら、外付けCD出すかなあ…。
現在のところ、何も制作していないので、飛んで困るものといえば
イラストとかMIDI関係のファイルなんですが。

動けー。
posted by しおのや at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

お茶の子さいさい

お茶漬けは鮭茶漬けよりも、梅干茶漬けが好きです。
しおのやです、こんにちこんばんは。

わたくし、音楽と云う分野に於いては非常に広く浅くでございまして
アーティストが好きだからCDを買う、と云うよりも、
曲が琴線に触れてCDを買って、その延長でアーティストを知る。
と云った按配のことが多いわけであります。
今回取り上げますのも、そう云う経緯で知った曲のこと。

曲名「さなだ虫」
アーティスト「ブリーフ&トランクス」

……男女問わず、口にするに抵抗があるんではないかと云うデビューシングル。

最初にこの歌を耳にしたのはラジオ番組で、と云うか、ラジオが音楽情報源
であるのは今も昔も、余り変わっておりません。
アーティストでCDを買うって云ったら、片手の指で数えるほど。

さても。
今みたいにオンラインで注文なんて手段もないし、棚探しして見付からなければ
店員に訊いて探してもらうなんてのが普通であったわけですから、
この曲名とアーティスト名はアレだと思うわけです。

余談ですが、当時のシングルは八センチでした。

さておき。
曲の内容はタイトル通り、さなだ虫云々の歌詞もあるんですが、それは
なんと云うか、取っ掛かりの部分で、そこからは連想ゲームみたいな構成に。
ジャスラック(日本音楽著作権協会)が怖いので歌詞の引用は避けますが。

歌詞の奇抜さもさることながら、曲が必要以上に哀感を含んでいるってのが
ただただ、笑いを誘います。
で、笑っている内になんか虚しくなってきて、笑いと云う感情の向こうには
虚無空間が拡がっているのではないかと、哲学的な思考に陥ったり
……することはないと思いますが、ともかく不思議な曲なわけで。

素朴な歌詞と素朴なメロディーなんて云うと、心の機微を繊細に歌う(描く)
ような感じもしますが、ブリーフ&トランクスは、そうじゃない。
出したCDはシングル、アルバムともに、数こそ多くはないものの奇才の片影を
閃かせたり、ときには突飛ではない唐突さを覗かせています。

当時は単純に、日常で何気無く思う「なんだこりゃ」を書いた歌詞と、
哀愁を帯びたメロディーの組み合わせに笑ってましたが、
今考えれば、彼らの曲は恐ろしいほどに計算し尽くされた旋律のようです。
笑っているこちらの咽喉奥を孫の手で掻くような曲でした。

耳の奥に残り、ふとした拍子に蘇る。
そして、懐かしさでCDを聴き、こうして記事を打っているわけでございます。
posted by しおのや at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読む観る聴くの楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

未完の先を求めて

取り敢えず、或る先の日、冥土へ行った際には真っ先に、書店の場所を訊こう。
未完の作品を遺した作者たちが、向こうでも執筆活動をしていればいいんだけど。
こっちで考えるって云っても限界があるし、どんなに「これこそは」と思う
結末へ近付いたとしても、それはその作品の結末ではない。

それが未完であるゆえに学生時分、どれほど苦悩したことか。
未完の先、と云うページをくれないことに己の腕の短さを呪った。
なんとか一つの「納得」に到達するまで頭を痛めても、作者にOKサインが
もらえないんじゃ、自己満足の回廊を堂々巡りする心具合。

執筆の途中で死なないで欲しい。

読者の勝手さで、そう思う。
同時に、自分がそう云う人になりたいと云う欲もある。
未完の作品を遺し、何故書き終えずに死んだのか!と言われる人になりたい。

それは一種の、目標である。
なにはともあれ、先の日、冥土へ行った際には真っ先に、書店の場所を訊こう。
posted by しおのや at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 散文のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

しんぽじうむ

いや、進歩の有無。

昔の落書き帳をめくっていると、いかに自分に進歩がないか、保守的であるか
固陋(ころう)であるか、客観的に解かります。
下の絵は、多分、一年くらい前に描いたやつです。でかいのでサムネイル表示。

date_date.png

今と余り変わってませんね。

これは下書きをして、ハイテック−Cでペン入れしたもの。
カラーイラストの元絵にしようと思って描いたのは覚えているのに、
彩色をしたのかしてないのか、その部分の記憶が非常に曖昧…。

自画自賛ですが、この当時のほうが線がきれいです。
あれ。

退化の改新と云う矛盾が起きているってことですかな、こりゃ……。
posted by しおのや at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

延長お願いします

Yahoo!ゲームと云うコンテンツのダウンロードゲームのコンテンツから
「ミスティック イン(メーカー/ブーンティ)」と云うゲームを落として
遊びました。詳細は、そちらを御参照ください。

よい意味での、古びたファンタジー世界が舞台です。
主人公は森の奥の廃屋に迷い込み、なぜかそこでポーション屋をやり始める、
と云う物語の冒頭も粗筋もへったくれもないんですが、それがまた面白い。
ストーリーが欲しいならプレイヤーが好きなように物語を創ればいいわけで。

ゲームはアクションに分類されております。
客(これがまた怪しげなローブを着た、いかにも魔術師な感じ)をテーブルに
案内して、注文を取り、ポーションを通して満足させる。
と、注文取り&商品運びゲームと云うやつです。
客を待たせるとブーイングが来るので、なるべく効率よくテーブル間を走り回り
ノルマをクリアーすると、次のステージへいけます。
途中、絵合わせみたいなミニゲームがあるのでそこで腕休め。

テーマホスピタルを髣髴しました。
あれの舞台は中世ファンタジーでもなく店でもなく、病院だけど。

体験版は六十分、と云う時間制限ありなんですが、いやあすっかり一時間
楽しみました。あっと言う間ですね、ゲームに夢中になると。
まあ、時間が来た瞬間、いきなり画面真っ暗になって、SE鳴りっ放しに
なったんで、最初は何事かと思いましたが。

Escキーで終了。

時間制限を解くには、2490円でゲームを購入する必要があります。
ともあれ、せっかくの無料体験版なので、試しにやってみたら思いがけず
はまるゲームなんてのがあるわけでございます。


なお、
ダウンロードやプログラムの実行は御自身の責任、判断で以て御実行願います。
不具合が出たと言われても、わたくしは対処しません。出来ません。
悪しからず。
posted by しおのや at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

さいきん

眠り過ぎた…!

休息と云う名の元に、娯楽までも吸収されかかっている気のする昨今、
やっとこ頭が起きた頃には既に午後、と云う具合の本日、
何事も起こらなかった一日の節目に日記を打ちます。皆さま、こんばんは。

ノロウイルスが猛威を振るっているようです。
一昔前は、冬と云うと一年で一等に食中毒と縁遠い季節と思っておりましたが
細菌&ウイルス界も変化するもんなんですねえ。

幸い、今のところ我が家に感染者はいません。
それでも、外に出る以上、どこからどう、どういう経由で、何が紛れ込むか
予想をつけるのは酷く難しいわけで、出来ることといえば栄養補給や手洗い、
うがいなどの、ささやかな抵抗に限られております。

しかし、いざというとき、小さな差の積み重ねが大きな異を生むかもしれません。
予防はしっかり致しましょう。

本日の微睡/ノロウイルスって、名前は弱そうなのになあ。
posted by しおのや at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

紙芝居は

一枚一枚が、一つの序章と終章である。

小難しいことを捻り始めたら、ネタが枯れている証です。
皆さま、こんばんは。

昨日の記事をどのカテゴリに追加しようと迷うこと一日ってなもので
結果、原作のあるものに関してイラストを描いたときの記事を貼り付ける
専用カテゴリを追加しました。
こう云う境界線には、うるさいわりに大雑把なので、単なる目安です。

必要があってフォルダを漁っていたら、ゲームの没案を発見。

アドヴェンチャーツクールforモバイルで制作しようとした最初の案です。
“DEEPSLEEP”のほうが先に形になってしまったのは、恋愛ものと云うジャンルが
いかに私の鬼門であるかを、雄弁に語っておるようで…。
と云っても残っているのはキャラクターの立ち絵だけですが、バレンタインの
云々で、三つくらいにエンディングが分岐するようなシステムだったような。
アイデア覚書の紙が手許に無いので、ちょっと思い出せません。

多分、日の目を見ないだろうものを再利用して

7days_1.jpg

遊んでおりました。
こういう、絵の切り貼りなんかは好きです。

7days_2.jpg

リボン付けたほうが主人公で、隣のは親友。
立ち絵を描くのが難関獄門で、こりゃなんとかならんかと脳漿を搾り

7days_3.jpg

顔だけグラフィック(DEEPSLEEPのあれ)に落ち着いたわけです。
不精は発明の父ですね。

なお、今回の加工にはEasyデジタルカットブックの背景素材を使用しました。
posted by しおのや at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ポストカード

origin.png

格闘ゲームを買いに行った先の店で、十二月二十一日に発売予定のARPG
“Ys(イース)オリジン”の広告をもらいました。
中にポストカードが入っているやつです。
タダでもらえるようなので、気になるかたはゲーム店などで探してください。

内容も知らんわ、公式サイトを観たこともないわ、新作が出るという話を
聞いたきりだわで宣伝を兼ねたイラストを描くのもあれなんですが、
主人公の女の子が結構かわいかったので、ペンタブレットを引っ張り出し…
服装の細かい部分が解からない為、線を簡略化して誤魔化すていたらく。

向かって右が主人公の一人ユニカ、その後ろが主人公の一人ユーゴ。
どちらでも、好きなキャラクターを選んでプレイ出来るそうです。

……、
結果はどうあれ、似せる努力はしました。
posted by しおのや at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム、漫画、アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。