2007年10月31日

年末発売の、気になる一品

「RPGツクールVX」と云うソフトが、十二月二十七日に出るようです。
けっこう御世話になっているツクールシリーズ最新作のVX、ヴィスタとXPの
頭文字なんでしょうかね。
とは、ともかく。
色々と新機能が搭載されて、開発の手間のシェイプアップ(簡素化)もされるそうで
さてどんなもんかしら、と気にはなっているんですが。

……。どうしてRPGツクールばかり新作が出るんだろう…。
シュミレーションRPGツクールとか、シューティングツクールとかも、
ヴァージョンアップしないかなあ。して欲しいなあ(他力本願の好例)。
とは云え、RPGツクールでもアクションRPGや、パズルゲームを制作出来るのだから
結局のところ、私の応用力が足りないだけなんですが。

このRPGツクールVXの購入は今のところ考えていませんが、気にはなるので
情報を集めてみようかと思います。
買ってもゲームを作らなければ宝の持ち腐れですからね。
そう云う持ち腐れの多い現状ですから、検討は慎重且つ綿密にですね……、
特にこれ、と思う部分がないので、衝動買いすることはないだろけど。

→ 「RPGツクールVX」のサイト(閲覧は自己責任で御願いします)
posted by しおのや at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

不機嫌そうな。

scrap14.png
posted by しおのや at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 落書き、素描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

すべてへの弁解

元からタガなんて存在しなかった。
最初から節穴だらけだった。
因より研磨をしていないものは、なまくらになりようもない。

巾着の紐は、きっと初めからなかった。
posted by しおのや at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散文のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

まだまだ途上

frint_rock.jpg

畢生どうしても描きたいものを描く為には、どうしても「火炎」を描かなくてはならず
新しいフィルタ効果やテクニックを見付けて覚えたら、見よう見まねでやる。
まだ、私の思う完成図まで届かない。

と云うか、この絵、火の光を帯びている部分と帯びていない部分が怪しい。
これだけ炎が踊っていたら、顔も髪もそんなに影は入らない(逆に明るくなる)か…。
向かって右側の、火の揺らめき加減は気に入っているんだけど。
posted by しおのや at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

そりゃつながらない

昼間、雷が鳴っていたのでモデムの電源を切る。

夕方、雷も雨雲も去ったのでPCをつける。

いつものように窓を開いたが、何度更新を押してもどのサイトも無反応。
全世界のサイトからアクセス禁止にされた?
まさか。
と、自問自答しながら、ディスプレイの電源を切ったり外付けCD−ROMをいじったり
スピーカーの音量を変えてみたりする内、ようやく思い出した。

そんな一日。
posted by しおのや at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

鼻たーかだかー

古いフレーズから、こんばんは。
しおのやです。

いやあ、文字通り打っ魂消ました。(ぶったまげ、と読む)
そんな出来事がありました。現時下、順風満帆ライフを満喫しております。

ちょっと自分の絵に対して自惚れが生じております。
個人差はあるにしても、私にとっちゃ自惚れは自信と紙一重なので、つまりのところ
いい気分になれると云うのは、度が過ぎなければマイナスどころかプラスもプラス、
気力も湧くし、昂揚感も得られて、天狗にさえならなければよいこと尽くめなのです。
ところでわたくし、既に天狗になってしまっているわけで、多分その鼻も明日明後日には
縮んでいると思うんですが、今の内にやれなかったことをやろうと計画しています。
しかし。
単純に自画自賛しているわけではありません。

今日の私にはどんな事柄も難攻不落などではないのです。
三桁以上の暗算をしろと言われたら、裸足で逃げますけれども。

《絵日記》
horebo-re.png

今の気持ちを絵に表わしました。
と云って、手前のオッサンが自画像ではないので悪しからず。
posted by しおのや at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

危ない…!

欲しかったDVD(全巻BOXセット)が、二万を切っている……!
駄目だ、買物ボタンを押してしま

……ったら、私の負けだ。

と云うことで、今はなんとか欲望を抑えています。
商品の忘却と買物ボタンの誘惑への敗北、どちらが先になるのでしょうか。
明日のことは解かりません。

別なことをしていれば、気が紛れるかもしれないなあ。
posted by しおのや at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

BLUE×3の続きの続き

久し振りに、原作ありのものの更新です。
と云うか、BLUE BREAKERのお気に入りの娘さんの話をしていて、二番目はマヤで
じゃあ一番気に入っていたのは誰なのかってのを書いたつもりで書いてませんでした。
思い込みは恐いものですね。
まあなんだかんだっても、私の趣味事ですけれども(血)。

saju.png

一等の気に入り、ツボにはまったサージュ。
いじめられていた過去があるので臆病、気弱、その復讐の為に呪術を学ぶ根暗さ、
控えめなのに「恨みますからね…」が口癖、したたかバリバリなとこが好きです。
サイドを三つ編みにして後ろでまとめた髪型がかわいいので、アップで描いたのは
失敗だったなあ。どうも、力を入れると絵をでかく描く癖があるようです。

BLUE BREAKER、と云うのはPC-FXのゲームで、のちにセガサターンやPSに移植され
サターン版は隠しキャラがクリアー出来ないと云う素晴らしいバグにやられ
本当ならグラフィックも性格も声優さんも、ものめっさ好みのラミーユを
攻略出来なかったのが、痛恨の打撃でした。
そのあと、サターンの調子自体が悪くなったけど。

記事のジャンルに当て嵌まるものがなかったのだけども(ゲームが古いからか…)
PSでぎりぎりOKかな…!

しかし、前に描いた記事のイラスト(これこれ)と今回のと、出来上がりにえらい差があるけど
これは単にペンタブとペイントソフトに慣れたってことかなあ。
posted by しおのや at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム、漫画、アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

久々に使ったときの違和感かもしれない

と云うか、そう信じたいんだけれども、フリーペイントソフト“AzPainter”の
油絵フィルタの具合が変わっているような気がしてならない……。
鉛筆で描いた絵を取り込んで、その上にレイヤーを載せてブラシペンでざざっと彩色して
元の鉛筆画を複製してから(この時点で鉛筆画は二枚)片方とブラシ彩色のレイヤーを結合、
フィルタ「油絵風」を実行して、もう一枚の鉛筆画を処理の終わった絵の上に持って来て
乗算レイヤーにしたら、油絵風のイラスト完成……のはずなんだけど。

スキャナーで取り込んだあとにコントラストとかをいじっているのが悪いのか。
鉛筆画を乗算すると画面が汚くなってしまうのは、なぜだ。
取り敢えず、ガンマとレベルで整えてはいるけれど…。
しばらく鉛筆画を塗っていなかったから、前に自分がどうやっていたのか
すっかり頭から抜けている模様。

old_gaia.jpg

ごちゃごちゃした装飾品が描きたかっただけです。
ヴァルキリーってよりは祭司のイメージ。どう見ても、戦闘用の槍ではありません。
いや、女性の武器は斧がよいと思うんですが。個人的に。
そう云えば、描こうと思っていたアニメキャラの外見を調べようと本を探して見付からず
仕方がないので映像で確認していたら、延々観続けて時間が過ぎました。
やれやれですね。

イラストの周りをもやもやさせるテクニックは、REIKOさまの AzPainter使い倒し と云う
サイトで知りました。
色々とテクニックが紹介されておりますので、御存じないかたは覗いてみてはいかがでしょう。

御手軽、軽量ペイントソフト“AzPainter”は AzSkyさま でダウンロード出来ます。
フリーソフトなので、じゃんじゃんばりばりダウンロードしても大丈夫です。
……と、久々に宣伝もどきのことを書いております。
なお、サイトの閲覧やリンク先への移動は自己責任で御願い致します。
posted by しおのや at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

残留する流動

remain_saber.jpg

なにかが終わったときに、事の実を証明するものが残っていることを喜ぶべきか。
それとも、事の幕引きとともに封じてしまうべきなのか。
選択の一つに封じたとして、それを再び開くときが来ないとは限らない。
アルバムの写真のように色が褪せていくなら、物置へ突っ込んだままになるなら
本棚の一部の如くになってしまうなら、時がその選択を最善とするなら、
遺留するものを日常の端へとどめておくだけのこと。

なにかが終わって、それが終焉ではなく、ただの区切りであったとき
いつも手許に後悔が残る。


* 後付け散文
久し振りに鉛筆画をスキャナで取り込んで彩色したイラストをアップ。
posted by しおのや at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 散文のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

力加減

考え事をしながら歯を磨いていたら、思い切り力を入れてしまったようで歯茎が痛い…。
思案事をするとき、奥歯を噛み締める癖があるせいか、歯と顎と肩に痛みが来た。
前述の歯磨きのあと、熱いコーヒーを啜ったら、形容しがたい違和感と痛みと熱さに襲われて
一発昇天、ノックダウン。
ふと脳裡を過ぎる、歯科医の言葉。
「歯ブラシは、そんなに強く動かさなくてもいいですからね」

どうも考え事をしていると、口のどこかしらに力を入れてしまうらしい。

リラックスしながら悩むなんて器用なことは出来ないしなあ……。
まだ歯茎がひりひりしております。
でも、よかった。
塩の入った歯磨き粉でなくて、本当によかった。
posted by しおのや at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

算盤と電卓

今月はCDを二枚しか買っていない。
欲望に勝った。
と思っていたら、書籍をものすご購入しておりました。
オンラインショップは、自分でレジまで持っていくときのあの重みがないせいか、
商品を手にするまでのタイムラグがあるせいか、金銭感覚が鈍りますね。
結構買っているのに「それほど買物していない」心持ちになるのも恐ろしい……。
とか打っているわけですが、ついさっき、画集を注文したところです。
舌の根の乾かぬどころか、乾かす気がありません。
きっと乾燥機に突っ込んでも除湿機をフル稼働させても、乾かないと思います。
いやしかしこれは、
ドット絵で己の限界に気が付いたあと、アナログに逃げて以降、もう一度やり直そうと
“絵に触れる”と云う最初の最初から初めております。とかなんだかんだ自己正当化の論。

今月は書籍で首が絞まりそうだなあ。

ブログパーツの「くる花」をサイドバーから外しました。
秋も終わりに、寂漠としたものを感じます。週末に寒気が来るそうですけども、ちょっと待て
この前まで残暑が幅を利かせて、冬への心構えと云うか覚悟と云うか諦めと云うか
とにかくそう云うものが全然出来てねええ…。

寒暖ストレスで買い物に走ることはないんですが。
確か。
posted by しおのや at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

目をいたわるページ

「スピリチュアリティ診断テスト」で色診断したら“深いブルー”と云う結果が出ました。
一昨日、赤とオレンジにやられて1.00MBが100MBに見えて焦った、しおのやです。
こんばんは。

aquamarine.jpg

緑と青と、どちらで塗ろうか迷っていたのでスピリチュアリティを参考に
青でまとめました。一昨日の続きで流水の精霊、のようなもの。
とんがり耳のうまい描き方が解からん…。
水や海をイメージしたイラストは結構の枚数を描いた記憶があります。
カテゴリで確認はしませんが。
アナログの場合は黄系に走りがちですが(ムラが目立たない)、塗りムラ修正の簡単なCGは
好きな色を、じゃんじゃんばりばり使えるのでありがたいですね。

ちなみに「スピリチュアリティ」の部分はコピペです。
このカタカナが何を意味するのか、果たしてなんのことなのか、さっぱり解かりません。
友人は、色診断出来るよ、としか宣伝していませんでした。

馬の耳に念仏、と云うやつですね。
posted by しおのや at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

ぐるぐる線

blank.jpg

なにかが見えてこないかと、
いや、本当は「なにか」なんて控えめなものではなくて
解決が見えたらいいなと思いながら、延々と線を連ねていく。
描けども、描けども、見えるのは歪んだ線ばかりだ。
そして、なぜかそこを嫌ったかのごとく、ぽつりぽつりと空いた白い部分。
posted by しおのや at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 散文のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

色的に、目に悪い絵

赤色の絵が苦手なかた、ごめんなさい。


flame.jpg

AzPainterで炎の描画が出来ます、とのことだったので、有って無いよな精霊シリーズで
確か描いていなかった火精霊を……と、こせこせ描いておりました。
そこまではともかく。赤やらオレンジやら黄色やら白やらの中で描画を続けていたら
視界に緑(補色)の靄がかかって堪りません…。
恐るべし、グラデーション。

マジで涙が止まらなくなっております。め、目薬めぐすり…!
posted by しおのや at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。