2008年12月31日

昨年もやりましたが

今年を振り返る。
設問は去年のと同じです。


最悪の出来事
 髄膜炎になりかけた。
感情
 ストレスで歯車が欠け落ちた。
達成したこと
 行動を結果までに結び付けることが出来た。
感動したこと
 懐かしい作品の数多くが息吹をつなげるネット社会は素晴らしい!
憤怒のこと
 それを有言不実行と云うんだよ。
喜びのこと
 数年前が幸せ過ぎた為、それを上回るものはあまりない。
悲惨だったこと
 最後の最後まで揉めた住宅問題にかかわるすべて
創作について
 今年なにか創りましたっけ…。
明るい側面
 新しく友達が増えました。
暗い側面
 一人暮らしはいいけど、家事がこれほど大変だとは……。
最高の出来事
 総じて、最悪ではなかったこと。
来年の抱負
 過去を埋葬して、気持ちを切り替えて、二度ない人生の日々を誠実に堅実に進む。

本年も荊棘が軒を御贔屓に、御来訪くださり、ありがとうございました。
皆さまがよい元旦を迎えられますよう、心より願い申し上げます。

二〇〇八年、大晦日  しおのや


おまけ。今年最後の国士無双。
menjan_2008_1231.jpg
posted by しおのや at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

前年に倣え

miko2008_1230.jpg

謹んで新年の寿ぎを……、と云うには一日早いですが、去年の晦日にやったのと
おんなじパターンでこんばんは。しおのやです。
年末年始も通常勤務です。正月の気分なんて御汁粉セットの塩昆布ほどもありません。
昨年は巫女さんがおみくじを持っている絵を描けずに断念したので、ほんじつ今夜、
今年の大収穫の一つであるペイントツールSAIを使って描画しました。
黒髪にしなかったのは黒だと水彩境界(画面効果の一つ)がきれいに出ないからです。
しかるにわたくし個人は、巫女装束には黒髪の組み合わせが好きです。
上の絵もベタ塗りにしてもよかったけど、画面を黒くする気分になりませんでした。
今の心持ちでベタをやると、画面のほとんどを真っ黒にしそうです。
正月と云うより葬式的な重さの白黒比。
posted by しおのや at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

一年の精算、過去の清算

ストレス解消に始めたことがストレスになってんなら、やめたら?

と云う友人の言葉をようやく受け容れることが出来ました。
今年一年を振り返り、また、来年三百六十五日を考えて、引き際が見えたのです。
まあストレス解消で始めたわけではないんですけども、楽しいことも突き詰めれば
極めようとすれば、入魂の途端に苦渋を帯びると言いますからねえ。
今までやめなかったのは、意地と未練が原因です。
あと、ニコチンやアルコールなどなどに近い中毒性があったからかもしれない。
いつでも側にあった娯楽を手放すのは、なんか身辺整理みたいで寂しいもんですが
身体に悪いものをやっていたわけではないので、日常の合間にふらりと立ち寄り
しばらく遊び呆けて再び現実へ戻る、なんてのが一番いいのでしょう。
ちなみにやめるのは麻雀ではありません。一種のオンラインゲームのようなものです。

一年の清算、最後の最後に間に合ってよかった。
これが来年の決意であり、今年最後となる長い長い思案事でございます。
明日から二日間は、いやなことを考えずにいようと思います。
そうでなくても、仕事で理不尽に激突したところ。鬱憤こそ溜まり溜まれど、
右だか左だか知らねえよ、てめえが教えたんならそれでいいだろ。うっせえな。
…なんてことは言えませんからね、さすがに。

本年の所感 : 年越しそばよりは引越しそばの心持ち。
posted by しおのや at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

芸術は三分だ

気合を入れたイラストばかり描いていた為、予想以上の疲労がたまったしおのやです。
皆さま、こんばんは。

まあそういったわけでなんだか気を抜いて絵を描きたいなあとメッセで話していたら
三分間描画をまたやろうということになりまして、前回いつやったのか忘れましたが
第二回「三分で描画ストップ!制限時間は皆さんの良心で出来ています」の
開催とあいなりました。
惜しむらくは、賞金も賞品もないことです。さておき、前回の反省を活かして
細かい部分をまったく描かないでひたすらペンを動かした結果、

3mini_2.jpg

このような絵となりました。
顔は絶対に描かないと決めていたのですけども、ここまで大雑把だと横向きなのか
首を傾げているのか、男なのか女なのか、それより人間かどうかも怪しいですな。
人に擬態したルアーかもしれません。
…疑似餌と疑似絵をかけているんですけれども、解かりにくいですね。

今回も画像には50パーセント縮小をかけています。
あー楽しかった。
posted by しおのや at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

歳末わすれもの

年越しするだけの金が手元にない!
昨日も今日も金曜日だと思い込んでいました。酒を飲み過ぎている副作用だと
友人に言われましたがそれが本当にそうなら治す為に百薬の長を摂取せねばなりません。
月曜日まで銀行は営業していると話には聴いたけど、果たして…!
開いてなかった場合は、以下の通り。
所持金八六九円で過ごす、大晦日、元旦、三箇日。
ちくしょう、てめえの金を引き出すのに手数料払うくらいなら年末年始くらい
家にあるものだけで凌いでやる…!どんときやがれ(血)。
昨日、忙し過ぎたのが原因です。きっと。
あとPCソフトを買ったのと(主にこっち。買ったのは動画編集ソフト)。

と云うか、ぼちぼち荷物をまとめないといかんのですよねえ。
…押入れから万札出て来たりしないかな……。
posted by しおのや at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

好きは好きでも甲乙へーてーぼ

調子に乗って(一度も呑んだことのない)酒を二本買いました。
なぜ二本買ったのか、いまだにそのときの自分の思考が思い出せないでいます。
その酒、呑めなくはないけど、舌に合いません。
仕方がないのでジンジャーエールで割っているのですが、そうすると酒精が下がります。
酒気を帯びることもなく、しかし臓内にアルコールは蓄積し、取り敢えず
やっとこ一本空けたけどまだもう一本残っているのでどうしようってなことを
考えるまでもなく呑むに変わりはないのですが、酔えない合わないでも(値段が)高い、と
三拍子揃った酒を相手に、いきつけの飲み屋が年末休みに入ったような悲哀を背負い、
好い加減コンマ入れろよ、といったところで本日の拍子木。
posted by しおのや at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

クリスマス・ソング

わたくしが好きなクリスマスの歌は、次の二曲です。
曲の解釈は独断と偏見により生産されています。悪しからず御諒承ください。

「クリスマスキャロルの頃には」 稲垣潤一
愛の在り方を見失った男女の物語。
クリスマス・キャロルが街を飾る日が来たとき、答えを見付け出せたのかは語られず。
「出会う前に戻ってもっと自由でいよう」とは愛し過ぎた結果か、愛の完全完璧を
求めるあまり息苦しくなってきたのか、愛と現実の違差が距離として現われたのか。
なんとなく身近に感じる一曲。

「君にMerryXmas」 小田和正
クリスマス前に喧嘩別れしたらしい男女の物語。
静寂と喧騒の混じる煌びやかな街に雪が化粧を施し、最高のクリスマス舞台なのに
「メリークリスマス」を言いたい相手がいないと云う究極の肩透かし。
君にこのまま会えない気がする、と思う陰気臭いところがこの歌の魅力であり
聴いているこちらのテンションを微妙にする魔法である(笑)。
風邪と喧嘩はこじらせると厄介、と云う好例。

次点「いつかのメリークリスマス」 B'z
楽しかった日々の追懐。
時間の交差点で未来と過去が擦れ違う感じ。


基本的に、ハッピーでないほうが好きです。
別にクリスマスに何があったわけではないんですけども、わたしの創作の基盤が
「悲劇と云うには地味、幸福と云うには喪失でか過ぎ、一過性だけど病根を長く残す」
もろもろ、どちらかと云うと後腐れじゃんじゃんばりばりってなもんでして、
なーんっても気分次第の部分が一番強いわけでございますが。
昨日の記事の漫画はラストを描く前にFoo Fightersの“Next Year”を聴いた影響で
氷解を暗示するような終わりにしてしまいました。
と云うわけで、ハッピーエンドが嫌いなわけじゃありません。
バッドエンドが好きなわけでもありません。

さておき。「クリスマスキャロルの頃には」は心に沁みる良い歌ですね、ほんと。
posted by しおのや at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読む観る聴くの楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

雪の町

t_r16.jpg

俺を誘った意図が知りたくて君のアパートへ行ったけど、部屋の灯りは消えていた。



平成十三年作の漫画からコマを切り出し、CGで描き直しました。
しかし、クリスマスのストーリではなく年明けが舞台と云う、鬼の笑う話。
言わなきゃ解からない部分です。今言ったけど。
posted by しおのや at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

家が欲しい

賃貸ではなく、自分の家として家屋を買いたい。
その土地に長く住む保証はないけど「家」と云うものが欲しい。
と云う話をメッセでしたら、あんたは身の程を間違えて破産するおっさん予備軍か、と
突っ込まれました。ローンが返せずに借金雪だるまの夜逃げのコースか、それは。
それでも矢張り、自宅があればいいなあと思います。
数年前、親元から自立してひとりで生活したら一人前、と云う観念があると聴いて
目ん玉が転げ落ちるほどびっくりしたクチですが、この狭い国土のどこに
余分な住宅があると云うんだ、バブルのときに建てまくって余った住宅地がある
…ってのは除外します。モノはあっても金ないと手に入らないから。

本当に、自分の家が欲しくなってきました。
どこの親父だ、と云うツッコミを浴びましたが、欲しいものは欲しいのです。
しかしながら一生かけての買物なんて、責任が重過ぎて手が出せません。
こう云う欲と現実を量る秤の均衡が無難な人生の目盛り。
それはともかく、
一度は寒空の路頭に迷う未来が見えましたが、今度こそ次の引越し先が見付かりました。
posted by しおのや at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

注射と同じ、目えつぶってりゃすぐに終わるわ。

scrap68.jpg


自作漫画の描き直し、にみせかけた落書き(彩色途中で力尽きる)。
posted by しおのや at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き、素描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

怒髪天を衝く

業腹、不如意、切歯扼腕。
どうしてこんなに悩まなければならないのだろう。金銭の見通し真っ暗、
未来家計簿はずたぼろ。
posted by しおのや at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

あ、ほんとだ

toncur.jpg

二度おいしかった。
とんこつラーメンがカレーラーメンに変身すると云うものです。今日の晩飯。

一人暮らしを始めてから、出来合いの惣菜やインスタント食品、ファストフードを
おいしいと感じるようになりました。
同時に、残り物をまとめて煮込んだ母ちゃん特性(誤字に非ず)の煮物が恋しくもあります。
今の今まで食には関心なかったんだけどなあ。
あ、そうか。
一人暮らしで、病院通いがなくなって、服薬を気にせず酒を飲むようになったから
酒のアテと云うかたちで興味が出てきたのだな。
いーやあさすが、百薬の長!

今後の目標 : 休肝日をしっかり設定する
posted by しおのや at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

頭の周辺環境を考える

《あばらや絵日記》

odoro_dejikibaribari.jpg

わたしが頭痛持ちなのは、この分布図に問題があるのかもしれないと考えた。
金は電化の回し者。
posted by しおのや at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

これが現実なら最高のジョークだ

…なんて台詞が誰の口から出たのかは思い出せませんが、気分はこの言葉そのものです。
予想する現実の内、最悪の現実と対峙することになりました。
これまでも先々月とか、先月とか、気根尽き果てるような出来事が連発したのに
まさかとどめに金銭難(金銭災、と云うほうがしっくりくる)に見舞われる未来を
引き当てるとは、わたしもつくづく生存運が低いようです。
明日のことは解からない、なんて言いますが、或る程度の予見が出来ることもあります。
よっぽどの不運が起こらない限り、または、よほどの幸運が降って来ない限り
打破することは難しいでしょう。まあ身から出た錆も五割ほどありますが。
「お先真っ暗」の語意を、吐いて腐るほど痛感しています。
今ならぜんぶ終わったんだからもう終えてもいいよなと云う気持ちが解かります。
posted by しおのや at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

休息までの長い道のり

明日も休日返上決定。

最近の楽しみは、職場での軽い立ち話と、オフラインのゲーム。
前々から一人でいることを気楽だと思っていたけれど、ここにきて髄に達する具合です。

深く係わりたくもない人間関係を快刀乱麻に、神経ばかり削る新住居探しに唾を吐き、
寒さの緩んだ昼下がりに酒をかっ喰らっていたい。
とは云え、百薬の長にも治せない気ぶっせいをどうしたらいいのか、知らん。
posted by しおのや at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。