2009年06月26日

scrap 91

miritary_navy.jpg

かなり前に描いた絵をPhotoshopとTvgで加工しました。
最近、こう云う感じのイラストをぼちぼち描いております。某洋書の影響です。

posted by しおのや at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き、素描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

どうもどうも

軒のカビ取りに勤しんでいて更新が出来ませんでした、しおのやです。こんばんは。
皆さま、お久し振りでございます。
そして、二行前はジョークです。

五日連続勤務だと思っていたら勘違いで六日連続勤務でございましてからに
それだけが理由と云うわけでもないのですが、すっかり閑散と間が空いてしまいました。
明日明後日は泊りがけの予定がある為、またもや空白になります。
いやあでもちゃんとカテゴリー名称が「隔日記」で、意味の通りに行けば
何日余白が続いてもなんの問題もないわけでありますが、不定期過ぎるのもあれなので
ベランダの写真日記なんぞを書こうと思いつつも(ミニトマトが豊作です)、
仕事から帰って写真を撮ろうとしたら、光不足で被写体が暗くなるからやめました。

今日収穫したミニトマトは、わけあって、まだ食べていません。
勿論、無農薬。
posted by しおのや at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

最近、目覚まし時計のベルで目の醒めた覚えがない

本を探していました。
ネット検索で探しても終了したオークションばかり、中古本屋を覗いても在庫なし、
いざとなったら掲示板で呼び掛け、はあまりしたくないってので、運任せ半分の
神頼み半分、少々の妥協をスパイスにオークションアラームと云うものをセットしました。
これは品名とかキーワードを登録しておくと、単語にヒットする出品がなされたとき
メールで知らせてくれると云う便利機能です。
まあ、太公望のような心持ちでそれを使ってみましたらば、なんと!

本日ヒット!アラームがんがんでも出品OK!

と云う按配に、しかも一撃落札の出来るものでしたので迷わず落札しまして
どうにもうまいこと行っているから、順風満帆のときこそ帆に注意しろと先人曰く、
よくよく考えてみたら、今週の金曜日は休日出勤。


先生、幸と不幸の総和はゼロなんすね。
posted by しおのや at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

水彩クレヨンか

scrap_90.jpg

SAIのこと。
水彩境界よりも、クレヨンの設定をいじったほうが水彩っぽく見える気がする。

posted by しおのや at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き、素描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

ベランダの愛

charol0613.jpg

ベランダのアイドル(置いてある植木は全てアイドル)、ミニトマトのキャロル(品種名)の
チャロル(名前)に三つ目の実がなりました。
一つ目と二つ目の実は同日収穫で先日夕飯に食し、三つ目は今日の晩飯です。
いやあ、栽培の喜びは矢張り収穫にありますね。
食べ頃かどうかは、実を持ってちょいちょいと引っ張ってやると分かるってもんで
自然にぷちりと切れたら、それが食べ頃の合図です。
たぶん。
ぷちりと行かないからって腐るまで待ち続けたじゃないか、と文句を言われても
わたくしにはどうしようもありませんので、悪しからず。

ごちそうさまでした。

posted by しおのや at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

花を売る女。

hanawouruonna_scrap88.jpg

色を付けるまで気力が持たなかった。
「花を売る女」は中世のどっかの国に実在したらしい魔女。花を売って夢を売る。
詳しい話はまたいづれ。

posted by しおのや at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き、素描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

花を売る。

hanawouruonna_scrap89.jpg

posted by しおのや at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き、素描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

洋書日和

“COMMANDERS OF THE CIVIL WAR”の三冊をセットで購入しました。全英文です。
だが、わたしに英文も母国語文も関係ない。興味はあらゆる難関を越える。
探していたけどどこにもなく、先日久し振りに探したらありました!古書店、万歳!

内容を一言で云うと、南北戦争の参考文献です。
軍服や武器のカラーイラストや、戦場での作戦展開図、各将軍の紹介はもちろん、
砲台や砲弾の断面図や銃剣図、戦場にただ横たわる瞑目した兵士の写真など
胸躍るものから遣る瀬無い気持ちを揺す振り起こすものまで、色々あります。
様々な角度から、その時代を切り取った書籍。
これでまた、南北戦争に一歩踏み込めると思います。
わたしの頭の中での戦争ってのは、この時代の、人が人を殺す戦争で止まっています。
いや、この話は神経を遣うのでこれ以上は語りませんけれども。

まさか、三冊一気に入手出来るとは思わなかったのでもうテンションが鰻登り。
うなぎは白焼きがいいですね。

個人的にはゲティスバーグでなくて、ワグナーが好きです。
とか云いつつ、自作ブロック崩しの主役格リパ・チェンバレンの名字は
ジョシュア・L・チェンバレン大佐の名を畏れ多くも引っ張ってきました。
チェンバレン大佐って云うと、有名なのはゲティスバーグ戦ですね。
朝三暮四。
シャーマン将軍の経緯も調べると病み付きになります。
この項目に関しては、病的レベルでも構いません。人文地理の血が沸騰します。
いつか、あの名を拝借したいと思っています。
上の文章で、ピンと来る人だけ解かってください。

新しい知識を手に入れたら、がつがつ創作意欲が湧いてきました。
どの方向に行くかは定まっていないけど。
posted by しおのや at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 読む観る聴くの楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

ブロック崩しから展開させたい

demaeship_rian.jpg

自作ゲームの「出前云々」でゲームを作れないかと試行錯誤した結果、今の発想力では
ゲームどころかイラスト一枚すら碌に描けない、と思ったのでSAIを立ち上げて
過去への情熱をぶつけてみました。
書き文字に意味はありません。
と云うか、主役格を描かなかったのはデザインに迷っているからです。
なんだかんだで、なにか創ろうと画策はしています。

だけど、体力がついてきません。悲しき大問題。
posted by しおのや at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

この昂奮は十年振りくらいかしらん

poconysama_ria.jpg

或るサイトさまで見掛けた、管理人さんのオリジナルキャラクターの女の子。
このキャラのみならず、そのサイトのイラストの一つ一つに完全玉砕しました。
惚れた!
ものすごい好みの絵柄と線と、あとはこうなんと云うか空間の演出力!
エクスクラメーションの安売りと言われても構わないほど、ツボにはまりました。
すごい、ほんとにすごい。才能の一片が欲しい、とか言えないくらいに首っ丈です。

…本当はちゃんとリンクを張って、その素敵サイトさまを紹介して、一言挨拶するべき
と思うのですが、上のイラストのあまりの似てなさぶりに自粛。
サイト管理人さま、陰ながら応援しております。

posted by しおのや at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム、漫画、アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

鉄と肉、電池と命

soldier_prayer53.jpg

どんなに文明が発達しようとも、戦争まで機械任せにするわけにいかない。
その理由について、高名な博士は何も語らない。
ウィトゲンシュタイン?
近未来に於ける役割分担は、わりかし単純に出来ている。


posted by しおのや at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 散文のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

ブラインド幻想

いつものように書類と戦っていたら、不意に、ごーりごーりと怪しい音が聴こえました。
喩えるなら、と云うか、聴こえる音そのまんま手動式えんぴつ削りを廻す音なので
なんだってこのクソ忙しいときに悠長に鉛筆なんか削ってやがんのは誰じゃ、と
音のするほうを睨み付けてやりましたら、

ブラインドを下ろしている音でした。

……。
えええええええ、ブラインドを下ろす音って鉛筆削りと同じなのか!?
とは顔色にも出さず平然と職務をこなしつつ、しかるにどうしてブラインドを下ろすと
ごーりごーり、さながら短くなった鉛筆を削るのに、ちょっと慎重にゆっくりと
ハンドルを廻す感じの音がするのか、それとも基本的にブラインドはそう動くのか、
漫画なんかで「シャッ」なんて擬音を当てられているけれども、あれは美化表現なのか、
でなきゃ、ビルの一室で企み事をしている裏世界の面々に、それを統括する黒幕が
夜の街のネオンすらまぶしいと言いたげにブラインドを閉じるとき、正直に
「ごーりごーり」なんて音を当てたら雰囲気木っ端微塵ってわけであるわけで
それはともかく、鉛筆削り器の動作音と間違えるブラインドの稼動音ってのは
もうなにがなんだかどんなもんじゃ、と云う気分でした。

御陰様でどんよりしていたテンションが一気に上がり、終業時刻までしっかりと
勤めを果たせましてございます。
笑いたかったんだけど誰もブラインドの音なんか気にしていないし、一人で笑うのも
気味が悪いだけなので、せめてブログに残しておこうと思います。
そして、漫画でブラインドを描くときは、ぜひ「ごーりごーり」を使おうと思います。
ジョーク。

単にうちの会社のブラインドが古いだけなんかなあ。
ごりごり。
posted by しおのや at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

復活、アルカナ・コレクション

去年の十一月頭辺りから、サイトへ行っても門前払いでログインは出来るけど画面は壊れ、
設定変更は出来るけどキャラクターをいじれない状態になっていたブログパーツの
「アルカナ・コレクション」に行ったら、ちゃんと正常にログインできました。
あれ?
行ったってのも、ブックマークを選ぶカーソルが一項目ずれて、と云う話ですが。
忘れかけていた記憶の端からこんにちは。
なんか、色々とヴァージョンアップしておりまして、夜の入りにちょこっとの間だけ
右サイドバーに表示していたんですが、昨今のあのウイルス(インフルではない)が
怖いので、石橋を叩いて渡る心持ちに再度の封印と相成りました。
ランダムジャンプって怖いですね、今時分。

でも、いつまでもハロウィン装備だったのをようやく戻せたから満足です。

posted by しおのや at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

一年目の足跡

大阪府民から愛知県民になって、今日で一年です。
昨年の同じ日付の日、わたくしはわずかばかりの夢と、満ちる再生への渇望と、
両手には抱えきれぬ量の不安因子を背負って、関西から東海へと渡ったのでありました。
あのときを思い出して現在を眺めるなら、まさしく

こんなはずじゃなかった。

…の一言に尽きます。
ほんとにもうどうしてこうなったんだか解かりません。
うちの家系って、駄目人間遺伝子でも持ってんのかなあ。へろへろのへとへと。
なしてか、血族の中にいない。
なにが居ないのかは、さすがに伏せておくとして。
わたしはその中でも群を抜く高度な駄目駄目遺伝子を受け継いだ、と自負しています。
自身も駄目だけど、タイミングも駄目。八方吹きっ曝しなのに、八方塞がりで
四面楚歌かといえば敵が欲しくても誰もが通過する、箸にも棒にも引っ掛からない
かと思えば、少しの段差で空足を踏んで、たいしたことでもないのに七転八倒する具合。
これが最後の機だと家を出たのが、一年前。
それなのに、結局振り出しに戻っていくだけのアガリのない双六なのだと知って
自暴自棄をやらかしたいけど体力が足りない按配に、なんてことない日々を
送れるだけでもありがたいことだと露にもならぬ夢希望を掌に転がして中和反応。

でも、別方面では数年振りに初心を呼び覚ます出来事がありまして、
あと妹が記念日なので晩飯に寿司を奢ってくれまして、
なんだかんだで幸せだなあと思うのでございます。

取り敢えず、病が再発しなかったことに安堵ってことで大団円!

posted by しおのや at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。