2009年07月23日

A A A 車屋さん!

tanabata_maturi_090723.jpg

一宮七夕祭りに行ってきました。
射的が面白くて、焼き鳥がうまかった。盆踊りには参加しなかったけど
祭ってほんと、そこの場の空気を感じるだけで充分に楽しいものなんですね。
ガキの頃の祭の思い出には、貧乏と生活垢と恥と不如意しかありませんもので
三十路を過ぎてから、感動を覚えたことでございます。
なんと云う遅咲き。
焼きとうもろこしが食べたかったのですが、実の皮が歯にはさかるので断念しました。
風が涼しくて、非常に過ごし易かった。

ちっと不完全燃焼なこともあるけど、完璧完全大団円を求めちゃいけませんね。
閑話休題。ドラえもん音頭が大好きです。
なお。この記事のタイトルに深い意味はありません。
posted by しおのや at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

そよそよの日。

scrap94.jpg

posted by しおのや at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き、素描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

白陽光、四夜

戦争の在る国。

soldier_quiesco42.jpg

どうしてこの状況で笑っていられるんですか。
「もうすぐ終わりだからだよ」
意味が解からない。
「わたしには夢があった」
夢?
「最期の最後くらいは、笑っていたい」
あなたはいつでも笑っていたじゃないですか。
「そうだったかな。記憶がないな」
嘘を吐いてたんですか。
「なあ、引きつり笑いでも、今うまく笑えているかな」
へたくそ。
「ありがとう」
置いていきますよ。
「構わんよ。負傷者は死者予備軍だ。仲間によろしく言っておいてくれ」
最後に、本音を聞かせてください。
「死にたくない」
ありがとう。それじゃ、さようなら。


数刻後、沼のほうで小規模ながら爆発が起きた。
被害は自軍一、敵軍三。
あの人は、最後に笑えただろうか。笑っただろうか。

posted by しおのや at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 散文のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

scrap93

lifegame.jpg

イメージは土の妖精。
ベタの使い方を変えようと思って、いつも通りになってしまう水の泡。
漫画は矢張り、ベタが決め手。
イラストもベタが決め手。
そんなことを思い続けて二十ン年、ぜんぜん実力がついてこない現実に
梅雨時のせんべいみたいな心持ちです。

posted by しおのや at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き、素描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

絵コンテならぬ

文字コンテ。

海、深夜
波止場へ上がる石段を駆ける女、
足音と、かけられた声に振り向く男(穏やかな表情)
再び、一面の海
「はじめまして」
ぐるぐる回る言葉の追憶回廊
白い空間

諸々。

posted by しおのや at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 散文のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

過程は結果の為にあるわけじゃないらしい

uro_douji.jpg

妖怪童子。
某所の或る企画に誘われて、その為に想像力を回転させた結実。

だけども参加するとこまで気力が持たなかったので、一週間と三日悩んで
誘われた事実を忘却炉に突っ込みました。
燃え差しがくすぶることもなし、矢張りこの創作はここどまりだったようです。
メッセでえらい突付かれましたが、相手はわたくしの性質をよく知っているので
今回のもいわゆる、観たい番組を録画しておくと録画した事で観た気分になるのと
同様のもんだと理解してくれました。ほかに、料理を作っただけで食べた気になるとか
職場に出るだけで仕事した気になるとか、いろいろあります。

今、やる気が出ません。
あれもこれも、惰力でまかなっている具合です。悪性の夏バテかしらん。
posted by しおのや at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

It is my hyperbola.

birth2009.jpg

平行世界、パラレルワールド、わたしだけどわたしじゃないわたしがいる世界。
今日ドアを右手で開けたわたしと、左手で開けたわたしがどこかにいて、
昼、立ち食いそばを食べたわたしと、食欲不振でジュースしか飲まなかったわたし、
あなたを嫌って去ったわたしと、あなたと末永く仲良くするわたしがいて
昨日死んだわたしと、今日まだ生きているわたしが共存する世界。
共存はするけれど顔をあわせることはない、双曲線の地平、平行線の水平。

行方が見えていないから、それはそこにあるんだなあと錯覚する気分。

posted by しおのや at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散文のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

絵と物語と画

友達に誘われてpixiv(ピクシブ)に参加しています。
元々、ロムとしてアカウントだけは持っていたんですけれども、ちょこっとだけ
顔を出す=イラストをアップするようになりました。
しかるに、散文を生む画や散文の為に生まれた絵は置きません。
ってわけで、ほっとんど投稿していません。倉庫にもしていませんです、今のとこ。

イラストをイラストとして描く、と云うのがなんであったのか思い出せない昨今、
文章を離れた純粋なイラストとしての絵が、果たしてわたくしのペンの中に存在するのか
微妙なところではあります。
「落書き、素描」に分類した絵なんかがそうかな。
しかしそっちは描きかけが多くて、イラスト専門サイトに投稿するってもなんか
趣旨が違う気がするし、なかなか難しいものでございます。
てえ云いますか、絵を描くときには文章を捻り、文章を練るときには絵を思う、
とか七面倒臭いことをやっているから、いつも下書きどまりなんですね。きっと。

原作有りのものを向こうに貼り付けるようにしようかなあ、と考えたりしましたが
好きなものは人の目に付かない、かといって人の目が全くないと云うわけでもない
僻地のあばら屋に飾るのが趣味です。
好きなもののことにほど沈黙を守ります。ガキの独占欲か(笑)。

なんて、つらつら打っておりましたら、なんとなくこちらと向こうの違いが解かりました。
ここは自宅で、向こうは展覧会場。
もちろん、わたくしの個人目線の話。

posted by しおのや at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読む観る聴くの楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

私の絵は文芸の一端である

とか、タイトルにえらそうな一文を飾ったのは箔付けの為です。みなさま、こんばんは。

portrait_r2.jpg

上のイラストは、SAIの体験版をダウンロードしたときか、購入してすぐに
描いたもので、いまだに完成していません。
完成しないのが芸術だとかでなく、なぜか完成させられないまま、月日が経ち
気付いたら完成図を忘れていたと云う一枚です。
飽き易い為、こう云う経過のイラストは少なくないのですが。
で、ふと思い立って続きを描こうとしたわけですが、まあ不思議なことに
まったく筆が進みません。
途中で放り出した小説の続きを書けないのと同じ心境で、描けません。

思えば、この一枚に色んな物語を詰めていました。
様々な感情を込めていました。
それが過去となった今、そのときと同じか、すこぶる似た心境にならない限り
続きはかけないのだと思います。
とか格好付けていても仕方がないので、加工ソフトで修正を加えました。
元絵よりいい感じです。さすが文明と進化の利器。
でも、元絵のほうが空白があって好きです。
空白と云うのは別に白い部分でなく、想像する余白と云う具合の。

この絵には、また別の角度から切り込んでみたいと思います。
posted by しおのや at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

棒に刺さったナス

ボーナスが出ました。
なんでえたったこれぽち、なんて口が裂けても言いません。と云うか、
思わぬ収入を得まして、気分爽快それ分解、な気分でございます。
月の終わりに夏祭りに行くので、その軍資金です。
あと、定額給付金も軍資金。

「すべての金は娯楽につながる」

と、いにしえの遊び人曰くでございます。
自分の体調やら内臓の腫れ物やらを考えると、なにが起こってもいいように
貯金しないといけないなあとも考えるのですが、逆にそれがあるからこそ
今しか遊べないのではないかとも思うわけであります。

人生一度きり、死ぬ間際の後悔はなるべく少ないほうがいいですね。
…とボーナスの話から棺桶の話にまで打っ飛ぶ話。
posted by しおのや at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

風の吹き回し、愚痴の吹き溜まり

みなさま、こんばんは。しおのやです。

仕事場で「ものすごい真っ当な忠言喰らわせてやった」みたいな物言いをされました。
どう贔屓目に考えても平坦なアドヴァイスの域を出ています。
しかしながら、その事象は、私の認識では「なんでそうなるの」になります。
と云うか、御互い三十路越えてんだから、ちゃちなことで尖ってんじゃねえよ、と
自省も含めて思うわけですが、退社間際にそんなこと言われても言い返せないわけで、
(早く帰ってPCをつけたいのです、個人的な娯楽の為)
なんとも気分が悪いまま、終わってしまいました。

今日は一日中、コピー機のお友達でした。大型コピー機、暑いって……。

夏寝ているときに耳元で飛ぶ蚊の羽音、夏の朝方に休日の惰眠の邪魔をする蝉の鳴き声、
なるほど、この季節はうるさいものが多いらしい。

posted by しおのや at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

納涼、夏の肝試し

青は好きな色の一つです。
そりゃあ、この季節は視覚的に涼しい青系を好む心も気温と同じくらいに上昇します。

昨晩、データーを引っ張り出す為にCD−ROMをPCにセットしましたらば
ごりごり嫌な音がして、観ていた動画の音声がラップ音さながら「うどぅどぅどぅどぅ」
と傷のあるレコード盤に針落としたもどきの一秒間無限リピートになりまして数秒間、
いきなり出てきました。こちら。

bluescreen.gif

ブルースクリーン。
なんやら解からん英文が表示されて、こっちに読ませる気が毛頭無い秒数で強制終了。
エラー報告によれば、あー、ええとなんだったかな、内部で深刻な問題が発生したので
再起動してPCを保護したそうな、まあそんな感じだったようです。

青色は好きですが、PC画面に出てくると涼を感じるどころか、通り越して
冷や汗の出るものになりますね。
粟肌にはなりませんでしたが、再起動しているときのぎたぎた云う音にはぞっとしました。
こんな暑気払いはいらないんだがな。

ちなみにその後、CDを読み込んだらごく普通に処理されました。
なんだったんすかね、このエラー。
posted by しおのや at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

scrap92

友人に贈ったので、削除。

posted by しおのや at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き、素描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

青春のイメージ

青い春、青、誰がつけたか「青春」とは、ざっくり的を射過ぎている。

since1992_past2.jpg

まさか、クラスメイトが○○○するなんてなあ。
そんでもって、あいつまで××するとは本気で思ってなかったよ。


* 散文
posted by しおのや at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 散文のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

なながつです

思えば、仕事と遊びで毎日が過ぎていきます。
禍福はあざなえる縄の如し、縄だと思ったらタコ糸でした。しおのやです。
皆さま、こんばんは。

結局のところ、六月にあじさいの鉢植えを買うことが出来なかったので、次は
ほおずきの鉢植えを探してみようかと思います。
ガキの頃に挑戦するだけ挑戦して、ことごとくしくったほおずき笛を作りたい。
と云うか、ほおずき市に行きたい。
posted by しおのや at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。