2010年02月28日

ここはどこの温室じゃ 激動編

昨日と同じく、本日も職場が茹だっておりました。
北海道物産展の人熱れ(ひといきれ)を髣髴させます。まだ二月です。エルニーニョ!
暑さを感じているのが数人だけ、と云うなら暑がりとか風邪気味とかで済みますが
今日はほんと、そこにいる全員が口を揃えて暑いとこぼす状態で、そういえば
浜松に旅行に行ったとき、五月並の気温だってんで夏炉冬扇でコートが邪魔になったのを
のぼせた頭で走馬灯のように思い出していたら、ふと涼しい風が吹きました。

冷房のスイッチが入りました。
二月の晦日です。
それにしても涼しい。

さすがにかけっ放しではなく五分ほど点けていただけですが、冷房のありがたみを
まさかこの季節に感じるとは、なんとも貴重な体験でございました。
しかし、夏の暑さに対抗するだけの力はありますね。僅か五分で蒸し風呂だった職場を
北風の吹き荒れる堤防の如く一変させ、職員一同の動きを鈍らせたわけでございますから。

この暑さはエルニーニョが原因らしいですね。
月末繁忙期に於ける職場の、業務担当の違う人々の間に生じる摩擦熱ではないようです。
と云うか、この蒸篭(セイロ)事件の御陰で月末恒例のギスギスした空気は
薄れていたように思います。
いやあ、春ってこう云うもんなのかなあ。だが、春先は雪崩が怖い。

posted by しおのや at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

ここはどこの温室じゃ

こんばんは、しおのやです。
今日はなぜだか職場が異様に暑くて、ややのぼせ加減で業務に当たりました。
梅雨の蒸し暑さではなし、夏の厳しい暑さではなし、なまぬるいけれどもしつこい、
そう云う室温だったもんで身体にも頭にも堪えましてございます。
暖房をつけていないのに汗ばむ妖気、いや陽気。寒いよりはいいと自己暗示をかけつつ
頭痛が起こりそうになったので薬を飲み、ぬるんだ茶で身体を冷やそうと試み、
矢張り無理なので便所へ避暑に行っては騙し騙し、帰りしなに氷菓を食いました。
ああ、暑かった。

すっかり寒が緩みました昨今、寒の戻りを思って陰鬱です。
ベランダの沈丁花のつぼみもそろそろ緩む頃、あの清々しい香りを思えば幸せです。
浮沈の烈しいのが季節の変わり目、来月の業務スケジュールを見て山篭りしたくなりました。
忙しいっても、土日祝と月曜日だけなんですけども。
一月よりも、三月のほうが事始めって感じがするほど周りが慌しく動いています。
わたしはそれを蜘蛛の巣の張った頭で眺めております。
煤を落とせば蜘蛛の巣が張り、蜘蛛の巣をのかせば塵が積もり、塵を掃けば埃が舞い、
埃をはたけば煤が降る、ってな循環を繰り返して日々を生き、今日ももうすぐ明日になるから
皆さま、おやすみ、さようなら。

posted by しおのや at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

終いのない物語の為に

fragments_VES.jpg

一昨日描いた覚書。
しかし、うまくいった衝動描きを清書するとうまくいかない。

2010年02月25日

The serious illness.

silhouette_she.jpg

「悩みが少ないのよ」と云う彼女は、確かに悩みの数は少ないが、一度悩み出すと途方もない。
十一月には数十の毛糸玉をすべて使う為の編物の模様を思案し、
十五日には凡百の数式を組み合わせるのに思考し、
昨日の正午からは、数千の夕飯の献立を考えて沈思している。
一度悩み始めると解決するまで、彼女の心はどこかへ行ってしまう。
それが昨今のわたしの悩みだ。

*
白黒イラストで英気を養う。後付け散文。

posted by しおのや at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 散文のこころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

テンション:急降下、急上昇、急旋回

昨日、Seesaaのメンテナンスがあったようですが、長引きましたですね。
お疲れ様です。
書こうと思っていた話柄をすっかり忘れてこんばんは、しおのやです。
良いことと前向きなことはすぐ忘れて、嫌なことと業腹なことだけ覚えていられるのは
果たして、自己防衛本能の働きでしょうか。

先日家人が見せてくれた写真で非常に気に入ったものがありまして、そこここと
刺戟を受けておりましたんですが、DANGER ZONEを聴いた途端に爆発しまして
気付いたらやること放り出してペイントソフトを立ち上げておりました。
ちなみに、仕事は放り投げません。
出来た絵が下の一枚。サイズが大きいので縮小をかけております。

war_birds0222_00.jpg

映画“TOP GUN”を観て、飛行機にあこがれを抱きました。
DANGER ZONEを聴きながら自転車に乗ると、夕日を背に受けて暴走したくなります。
危険なのでしたことはありません。
この絵の主人公は飛行機です。
あと、ライトの位置がおかしいけどもわたしの画力では写実は難しく、
イラスト向きにファンタジー分を加算しなければ描けないので、誤魔化しております。
いやでもあのときのテンションは、バランスとかリアリティとか吹っ飛ばしてたかな。
描いていてものすごく楽しかったことは覚えているのですが、今ひとつ
描画中の記憶がはっきりしません。
最近は咽喉に小骨が引っ掛かってばかりだったから、想像力が全力疾走して
ストレス発散になったならいいや。

と思っていたら、昨日の今日で釈然としないものをまた痞えさせました具合です。

posted by しおのや at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

受け付け再開

このブログのコメント欄ですが、コメント受け付け→承認後表示、と云うシステムにしました。
コメント欄を閉じたのは、更新の日にちが飛び飛びだった頃、エロサイトの広告に辟易したから
だったのですが、メールフォームを設置したはいいけどまさかメールをいただこうとは
思ってもみなかった為、せっかくいただいたメールに気付いたのが一ヶ月近く後だった、
と云う失敗をやらかしました。その節は申し訳ありません。
とは云え活動の活発なブログでもなし、アドレスを載せるより気軽にコメント出来るほうが
いいかなと最善策を考え続けて数ヶ月、なんのことはない

コメントを承認後表示にすればいいだけだった!
_○□=

といったわけで、コメント欄を再表示しました。
基本的に、いただいたコメントを公開表示に切り替え、そこにレスをつける形です。
非公開コメントは、わたしの友人がいやな目に遭ったので、好きではありません。
なお、広告やサイト誘導の書き込みは削除します。
よしこれで管理の責任を果たせる!な、たぶん。

posted by しおのや at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

寒さかストレスか

風邪気味です。
仕事中、くしゃみを連発していたせいか、いつもは口煩いオバサンがたが
話しかけてこなかったので、業務に集中することが出来ました。
と思ったら、くしゃみと鼻水で集中出来ませんでした。
ぎりぎり就業の時刻までに今日分の作業を終わらせたけども、明日が心配です。
早く寝よう。

posted by しおのや at 21:12 | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

新世界の賞味期限

人類の文明の進歩は、もはや歩みの領域を超えて跳躍していた。
飛翔した人類の英知は多次元のコントロールにまで、その手を伸ばした。しかし、
次元と時限の間に潜むホワイトホールに気付けなかった為、地球はその地表の三割を失った。
次元に呑まれてしまったのである。人類の八割が消え、大地も海も消え、動物も消え、
空はこれまでより遥かに遠く、時空の傷害によって太陽も月も星も元の姿を失った。
そして、高次元に穿った穴も完全に塞ぐことは出来ず、かろうじて残った人類は
3.2次元なる世界に置き去りにされた。
と云う世界観はそっちのけにして七十年後、山岳の集落から一人の女が旅立った。
集落に若い者がいない為、村の存亡をかけて若い男を探しに行くのである。
旅の内、女は一目惚れを経験する。
相手は若い男だった。問題は、その男が、絵に描かれた肖像であることだった。
旅に同行することになった別の男は額縁の中の男に切歯扼腕、女の恋情を引く為に奮闘する。
旅も一年を迎える頃に云々かんぬん。

と云う概要の小説を2003年から書き始めたのですが、おっつかっつにPCを購入して
ネットサーフィンに嵌まり、ネットに遊びの場を移し、執筆時間がどんどこ短くなって
それでも毎日一ページずつ文章を連ねましたがネットに溺れ、未だに筆が止まったまんまです。
と言いますか、現在の頭だと、当時の構想で再開できません。頭が悪くなりました。
ネタは鮮度が大事といいますが、本当ですね。
寝かしておくってのも、ネタを活きのいい内に捌いてこそでございます。
何もせずに放ったらかしにしていたら、そりゃあ駄目にもなるってもんです。
あああ。

ちなみに、なんで2003年としっかり解かるのかと云うと、小説を書いていたのが
マイブックと云う書籍で、これに西暦が書いてあるからです。
中は白紙で、日付と曜日とノンブルしかない。自分だけの書籍を作る楽しみも味わえます。
ふと思えば、なぜあのときペンを止めてしまったのかと悔やむばかりですが
自分の中では完結しているのでまあいいか。
今、小説書けるかなあ。

thenewworld.jpg

posted by しおのや at 21:36 | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

来たる夏の為に予行練習

ダウンロードで、ブーンティの「パラダイスビーチ」と云うゲームを購入しました。
何もない海岸に遊興施設を作ってビーチリゾートで一儲けしよう、ってな内容です。
掻い摘み過ぎて乱暴な説明になりました。たぶん大外れではないはず。
画面いっぱいに拡がる美しい海辺を、どうしようもなく人工の楽園にしようと云う
自然破壊ゲームと言いますか。緑を要求されて木を植えたりもするんだけど。

ジャンルはシュミレーションですが、溺れている人をマウスクリックで助けたり
リゾート客の落し物を探してさまよったり、迷惑客を16連打で改心させたり(?)
けっこう目と指を使います。
あと、レベルを上げてもがんがん壊れていく施設を修理したり、無法に捨てられる
ゴミを拾ったり、一杯になったゴミ箱をクリックで空っぽにしたりなんたりも
しなくてはいけません。後半なら清掃員を雇えばいいんだけど資金の少ない初期は
清掃員なんて夢物語ですので、自分でクリック清掃です。
しかしまあこのリゾート客と云うのが、ほんのちょっと目を放した隙に、歩道にも遊興設備の脇にも
無論、海岸にも、果てはちょいと泳いでいかなければいけない離れ小島にも
ゴミを捨てていくわけです。つまり、客の行くところ、ゴミ在り。
それで以って、緑が少ないから植樹しろだの植木を増やせだの、そんなものがあったら
それが目隠しになってゴミが見えんじゃないか、と一緒にプレイしている家人に愚痴を零しつつ
自然に近い人工のパラダイス作りに励んでおります。うーん哲学的。

自身は、海に行った覚えが数えるほどしかなく、その内泳ぎが目的であったのは一度だけ
でしたので、このビーチリゾートと云うものにはあこがれる部分もあります。
ビーチバーでマイタイを利かせながら、熱い砂の見せる幻にしばし時を忘れる、
なんてのも一度二度ならいいですね。
なんだかんだって、矢張り海は白い牙を剥く波と、海面から突き出した岩の荒々しさや
凪の浜辺から遠くに望む千切れ雲、のイメージが好きです。
イメージしかないのは、それだけ海に縁がない証拠。

真夏の海辺なんて陽射しが強過ぎて、遊びに出て三分で熱射病になりそうですが。

posted by しおのや at 22:51 | TrackBack(0) | ゲーム、漫画、アニメのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

実家に帰りとうございます

大阪で使っていたアカウントをそろそろ削除して、モデムを返却しないと
毎月毎月、使用料金を損していることになる。
ちなみに使っていないのはこちらで取ったアカウントのほう。
使い慣れているのが使い易いんだから仕方がない。あと、サービスポイントの貯蓄g
と云うか、

置いてきた創作物が!
置いてきたデータの数々が!
置いてきたエロ漫画ああ!

特に一番目と三番目が今すぐにでも欲しいのであります。
しかし、二月ももう末で仕事が忙しくなるから休日は取れなくなるってな、切ない詮無い。
来月に有給を取ったんですが、その日は実家から母ちゃんが来る予定です。
まさか母ちゃんにエロ漫画の発掘と搬送を頼むわけにはいくめえよ。

ほんと好い加減、どっちで暮らすのか、それともまた別のところへ行くのか
はっきりしないとなあ。どれにしてもどんなもんだかなあ。

posted by しおのや at 21:42 | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

易しい休日の過ごし方

理想
前日の夜は夜更かしして遊ぶ。
空が白み始めた頃に眠り、昼過ぎに起床して、飯は朝昼を一緒くたに取る。
飯を食ったら、午睡に遊ぶ。
夕方過ぎに目覚めて、風呂の用意をしながらうつらうつらする。
風呂に入って天国極楽。
晩飯を食ったら、遊興片手にごろ寝する。
翌日の仕事を憂いつつ、その日はそれなりの時間に就寝する。

現実
前日から夜通しで、書類(自身の仕事のではない)を作成する。
空が白み始めて部屋も身体も冷え切った頃に、やっとこ布団に入る。そく意識が飛ぶ。
昼前に無理矢理起きて、具合の悪い胃に食い物を詰め込む。
飯を食ったら、家人の面倒を見つつ、外出。寒空の下、あちらへこちらへ奔走。
夕方過ぎにようやく一仕事終えて、実家への帰路に着く母を見送る。
家に帰って風呂を沸かしてようやく人心地を得る。
晩飯を食ったら、その日の疲れがどっと出た。
翌日の仕事を憂いつつ、肩凝りと首の痛みに枕と頭の位置関係で悩みながら輾転反側、
携帯でサイトを見て回っていたら午前二時過ぎ、朝は八時起き。

春は、ぶらぶら目的なしに歩き回るのが好きです。
夏は、冷房の利いた店で氷菓を食いながら、熱路を往来する人を眺めるのが好きです。
秋は、うろうろ当ても無く歩き回るのが好きです。
冬は、時間を超えて惰眠を貪るのが好きです。

そう云う意味では、今年の頭のインフルエンザで寝込んでいたのは、冬眠さながらに過ごす、
と云う理想の過ごし方に近いんだけども、あれは絶対に決して真に惰眠ではなく、
下手をすると嗜眠(しみん)に陥るもんだから違う。
ところで、医学用語では嗜眠は昏睡よりも軽度の状態であるらしい。
眠よりも睡のほうが深いのかもしれない。ならば、睡眠、と云う言葉は睡で意識を断って
眠でゆめうつつを漂う、なんて意味かもしれない。
こう云うことを考えるのが、睡眠の不足している証拠である。

posted by しおのや at 22:51 | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

Sketch 2010.

創作カテゴリの記事が100に達しました。
これもひとえに、御来訪くださる皆さまの御陰です。ありがとうございました。

past20_picture2b.jpg

SAIのペン設定をいじっていたら、なかなか好みの書き味になりました。
長い髪を描いていないなあと思ったのですが、長くしたら画面真っ黒になりまして
つかないはずの黒鉛が手に付きそうな錯覚を覚えた為、消しゴムでばっさり切りました。
仕事で腱鞘炎になりそうなのに何やってんだか。
右手にとって、ここ数日間はハードスケジュールです。職務経歴書とかマジでたまらん。
自分のを作っているわけじゃないから、ストレスもプレッシャー乗算で三倍増し。
左手も電卓打ったり箸持ったりしとりますが、右手の多忙には及ばず、昔やらかした腱鞘炎が
ものすごいタイミングでものすごく再発しないように、と願うばかりです。

しかしながら、忙しいときほど用事を重ねたくなるのはランナーズハイに似た現象でしょうかね。

posted by しおのや at 22:42 | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

最短所要時間

身支度から会社まで最短で十五分です。
危うく、がっつり昼まで眠りそうになりました。目覚ましが悪い。
起きたのが九時半過ぎで、始業時刻は十時でございます。
まあいいや、今日は遅刻して行こう、と心の揺れる時間がそれから五分ほどありまして
いやしかし、五十二分の電車に乗ればひょっとすると定時に出勤できるのではないか
と、思い直すこと数分間。
家を四十七分くらいに出て、徒歩三分の駅まで走り、ぎりぎりで五十二分発に乗り込んだら
電車を降りてからが勝負どころです。
ホームから会社まで全力疾走、疲れて失速、早歩きで距離を詰め、筋肉が攣って減速、
を繰り返し、会社のエレベーターの前に辿り着いたのが九時五十八分。
しかし、エレベーターが上に行ったままなかなか降りてこない内に容赦なく時間は過ぎ
ふと時計を見ると五十九分。
やっと来たエレベーターに乗ってボタンを連打しながら目的の階へ。

なんとか首の皮一枚で間に合いました。

ただ、朝から烈しい運動をしたせいで胃が踊って、夕方まで気分が優れませんでした。
書類作業はつらいなあ、と思っていたら、新しい作業を任されました。
今週中にやってほしいらしいので、頑張ろうと思います。
それにしても、朝のあの短い時間の間にあれほど脳細胞を動かしたのは久し振り、
定刻出社を諦めなかった自分がいささか誇らしく思える、事後の余裕です(笑)。

posted by しおのや at 23:11 | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

チョコのレートを考える(つもりでやめた)

2010_0214chocolate.jpg

今年もやりました。
おどろがのきチョコで始まります、寸な話。

今の会社で初めてチョコレートをもらいました。
みんなに配っていらしたその一環ですが、菓子メーカーの長きに渡るこじつけの成果、
もとい所為(せい)か、チョコレートをいただくとなんとなく流行に乗れた気がして
嬉しい気分になる日でございます。
チョコレートを買うだけで流行に乗れるだなんて、さすがに商売の戦略は御手軽です。
薄利多売と云う名の二束三文、しおのやでございます。

時に、ホットチョコレートと云う飲み物がございますが、あれは溶かしたチョコレートを
そのまま飲むわけではないんですよね。確か。
ちゃちゃっと調べてみたら、ミルクとか砂糖とかが入っているようですから
チョコレートのどろどろした感触を、牛乳で薄めて伸ばしている具合でしょうか。
スターバックスのチョコレートトリュフ(名称うろ覚え)はおいしいです。
前にデニーズで食べたフォンダンショコラは、中のチョコレートがぬるくて
全然とろけるおいしさ、ではなかったので今度また食べに行こうと思います。
とろけるまで頑張ろうかな(笑)。

だけど、そんなに甘い物が好きなわけじゃなし、どちらかと云えば苦手な部類ですので
なんだかんだで矢張りこの二月十四日、と云う消費戦略の煽りを喰らっているだけなのだ、
なんてシビアに斜めを向きつつの本日の拍子木。

posted by しおのや at 23:31 | TrackBack(0) | 隔日記、続の続の続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

架け替え

office_begin2.jpg

別のサイトに飾ったイラストだけども、どうにも落ち着かないのでこちらへ移動。
数年振りにこの描き方に再燃しております。
手癖の部分はともかく、飽きっぽいのでこれと決めて絵柄を固定すると三ヶ月で燃尽する為
その辺には個性を求めません(求めても三ヶ月で以下略)。
周りにほんの少し不思議がられるところです。そこしか不思議ポイントがないとも云う。
ミステリアスになりたいものです。
願ってなるものじゃないと思うけども。

posted by しおのや at 00:00 | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

未完と云う完結の手段

書きっ放しの小説を完結させたい!
と、昨今の創作へのストレスが臨界を突破したゆえか、追懐の病が再発しています。
郵送で原稿を送ってコピーして、冊子を作って配布してもらう、と云う段取りで
活動していた頃の話でありますから簡単にどうこう出来ない具合です。
オンラインの創作なら、執筆を再開、更新したってことを伝える手段さえあれば
なんとかなる気がするので、ちょっと楽かもしれない。実際どうかは置いといて。
いやあ、それにしても郵送で原稿を送るのはスリルだった。
ひと月半の会誌作成期間を置いて届いた自作に、誤字脱字を見付けたときのショックは
ブログの比ではありません。
即時、修正が利かないもんですからして。

silhouette19xx.jpg

しかしまあ、やろうと思えばやってやれないこともない、なんて言葉もあります。
オンだオフだと拘泥している時点で、機を逃しているかも知れず、かといって
じゃあ今すぐにと腕をまくるわけでもなし、そう云う部分を愚図愚図考えているから
前に進めず後にも退けずで窮している、と解かってはいます。
それにしても、最も尊敬する作家が同人誌の人だと、しょんぼいアンケートの
「あなたが尊敬する人は誰ですか」の項目に書けないから、参った参った。
そういや、アンケートの答えってなんで大仰になるんだろう。無記名だから
自己顕示欲が変な方向に出てしまうのか、単に己の書き言葉に酔っ払うのか。

本日のまとめ:本当に一番であるものは言わず語らず秘めに秘す、が信条です。


posted by しおのや at 20:49 | TrackBack(0) | 創作、制作あれこれ 続の続の続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。