2012年02月20日

往時みやこの やへざくら

先日、床に就いてから眠るまでの暇に携帯電話でネット検索に興じていましたら
検索ワードに掠りもしない"聖徳太子は実在の人物か、架空の像か"を国内外の
あらゆる文献から研究するサイトに行き当たりました。
元々深刻な問題を検索していたわけではなく、理路整然の文を読むのは好きなので
眠るまでの暇潰しにと読み始めたら、これがなぜか非常に面白くて、気付いたら
午前二時を廻っておりました。仕事あんのに……。

さてやら、聖徳太子云々は歴史の授業の一環として表面を撫でたくらいの
知識しか持っていませんが、いつ頃からか「架空の人物ではないのか」と云う説が
出ていたんですね。びっくらしました。
なんで急に虚像説が飛び出したんだろう。
いや、実はずっと昔からあったのかもしれませんが、研究機関や学校に属していれば
ともかく、平々凡々と暮らしていたらば研究論文だの文献だの論駁批評だのを
目にする機会はありません。
ネットの普及で、垣根が少し低くなった御陰で垣間見ることが可能になって
別にそれそのものズバリを検索したわけじゃないけど、
たまたま検索語がサイトの一部に引っ掛かって、興味のきの字もなかった分野に
目が留まった次第でございます。

果たして、持て囃されたり悪人にされたりと死後も御多忙の聖徳太子が
今度は居たのか居ないのかと存在を揺るがす論争にまで発展していることを知り
まずは、そのサイトの記事を一通り読みました。
関連する書籍は今度、図書館に探しに行こうと思います。
買えよって話ですが今月(支払は来月)クレジットカードの使用額が針の筵……
と打って十文字も行かない内に、
奈良に行きたい。
聖徳太子ゆかりの地を巡って、藤原京と平城京の在った場所を散策したい。
装備:奈良時代MAP*以前の記事で書きました→過去記事
と云うか、とにかく奈良に行きたい。
ものすごく奈良に赴きたい。
奈良の風に吹かれたい、今なら洩れなく寒いだけだろうけど。
まるで逸り病のような古都への憧憬に利く歯止めも既に老朽化、ってわけで
奈良ならそんなに遠いわけじゃなし、春先にでも行ってみようと思います。

しかるにしかし一つ気懸かりがありまして、
年始のデジタルおみくじにも、三嶋さんのおみくじにも、最近立てた卦にも
ことごとく「旅行 やめよ」の言がございますわけであります。
計画をしっかり立てればいいとか近場ならいいとかの"ちょっと遠出"は問題無し、
旅はやめよってことなんですけど、だからこの前の静岡沼津の旅行のときは
財布管理を厳重に、貴重品は所持せず、鞄に常備薬満載で赴いたわけですが
それにしたって三度も続けば神経が鈍いわたしでも少々心にかかりまして、
だったらば、旅行を旅行と称さなければいいのではないかと思い、
旅行に替わる新しい呼称を捻っておりましたらばこんな時間。

畢竟、聖徳太子は実在したってほうが不可思議でいい。と考えています。

2012年02月17日

久々にブログパーツを設置する

右サイドバーの記事カテゴリの下に、易おみくじのブログパーツを置きました。
一クリックで占えますので、御気軽にどうぞ。

と、茶を濁しながら最近はブログも更新せずに何をやっているのかと申しますと
先日の旅行のあと、七年六年の以前から延々と悩んでいたことへ踏ん切りがつきまして
人の世の例に洩れず懊悩苦悩多い人生でございましたが指針を一つ定め直し、
会社の後輩を祟り殺したい念のいなしかたを覚えて、学を始めたのでございます。
と云っても、新しい事に挑戦するわけではなく、以前から中途半端にぼちぼちと
独習を進めていたものを本腰入れてやろうと云う段で、恐らく踏み込めばどっぷり、
別の道へ浮気するほどの頭もなく体力もなく、持てる照準は一点だけ、
なんて書くほど深刻ではないけれども、腰を据えれば梃子でも動かなくなる、とは
昔言われたもんですが、ともあれ良くも悪くも道が決まったわけでございます。

その脇で家人が社労士の勉強を始めました。
家人が言い出すまで、社労士なんてものがあることすら知りませんでした。

そんな頼りない頭を持て余しつつ、まずは十冊の書籍を読み返します。
更新がないときは勉強しているか、創作活動をしているか、ゲームをしているか、
はたまた眠っているかです。
春になれば最後尾が最も有力候補になりますが、なんとも全然寒が緩みませんね。
春遠からじの春遠し、ゴールは見えてからが長い。
先など、夜間の冷え込みで屋上の貯水タンクだか浄化水槽だかのパイプが凍結して
半日は水道が使えませんでした。
わたしは混乱に強いと妄信しておりましたが、ライフラインが切れたら発狂するタイプだと
認識させられたので「堅実に守りを固めておく」と云う思考が芽生えました。
あらまっちゃんでべそのちゅうがえり。

2012年02月01日

自分が何歳だったか、忘れていた

会社の健康診断の紙が返って来るまで、年齢不明でした。
生まれ年から勘定すればいいんだけど面倒で、とかく平凡な日常生活では
年齢を使うことも滅多になく、やっとこ自分の齢が解かったからと云って
特になにがどうなるわけでも無し、生存年数を順調に伸ばしております。

こんばんは、しおのやです。
朝から偏頭痛の発作に見舞われましたが運良く本日は定休日、
対頭痛師団、主峰マクサルトを以て回復してございます。

さて今日は年に一度の(と云うか年に何回もあってたまるか)生誕日、
起床したらば枕元に妹からのプレゼントがありました。
20120201Birthday.jpg
マナカのマナカ入れ。これ、裏側にカード入れがあるのです。
マナカとは名古屋私鉄の電子マネー切符、通勤にはこれを使っているのですが
いまだ購入したときのビニル袋に入れたまま、カード入れを持っておりませんで
哀れに思った妹が買ってくれたのだと思います。
ありがとう。
でも、汚れるのが嫌だから使わない。

ほかにも、悪友から電子な贈り物が届いたり、相棒からメッセージをもらったり
今年も好い誕生日でした。
今後ともよろしくお願い致します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。