2012年05月26日

予定の射程

こんばんは、しおのやです。
最近、ブログの更新は旅行だの買物だのと外出事ばかりになっておりますが
本日も例に洩れず、余所行きの話でございます。

そろそろ月末月初の繁忙期に差し掛かっておりますが、その真っ只中、
来月の一日(定休)はホフディランのライヴで大阪へ行きます!
先日書きましたが海遊館はジンベイザメの遊ちゃんが不在の為、今回は見送り、
代わりに大阪食べ歩きツアー……は胃袋を壊しそうだからやめておくとして
そぞろ歩き、も疲れそうなのでやめておくとしたら、予定がない。
さておき、
再来月は七月にホフディランの結成十五周年ライヴがある(はずだと思う)ので
東京へ遠征します。そのときに、
国内で二番目に気になっているアクアワールド大洗水族館へ単騎で乗り込む!
と決定。
茨城県内に宿泊して朝から夕方まで、館員さんに不審者として摘み出されるまで巡る。
公式ガイドブックもあるらしいし、むしろそれを購入する為だけに行ってもいい、
骨の髄から脳味噌の皺のすべてに至るまで海川一色に染め上げに参ります所存。
これは戦いだ。主に財布の紐との。

そのあとはしばらく、東方面には出ずに沖縄行きの旅費を貯めます。
ホフディランのライヴが東京中心なので、ちょくちょく行けたらこれ以上ないのですが
まあそのへんは体力と財力に大きな問題を抱えておりますので諦めるとしてですね…。
あ、でも海遊館には遊ちゃんが帰って来たら行きます。と云うか、大阪は近い。
ローカル線で日帰り可能な場所は除外。
ここんとこ東向きが多かったので、西向きに進むのもいいかな。
岐阜とか三重とか、せっかく近いわけであるからして……とか緩い考えでいたら
貯まる銭も貯まらんわ!
どうしても出掛けたくなったら、地元の工場見学にしよう。
『工場見学walker 東海』てな本も買ったことだし(笑)

しかし、貯金するとなると、小旅行以外にも締めなくてはならないわけでして
云ってしまえば書籍、本の類…なんですが、現下勉強している以外の分野は
ほとんど本を買っておりませんので、こちらは安心。
と余裕かましていましたら、勉強の過程で手に入れたい書籍が幾つか。
一つを勉強するのに、必須ではないけれど、そちらも知っておくほうが
深く理解出来る、納得への近道が拓ける、と云う物欲と意欲の微妙な境界に在り、
矢張り、出ていく金と入ってくる金の均衡が取れていないわけです。
いやさて現在、ダライアスバーストのCDも買っちゃったい!(既に暗雲)
G.T.恰好いいですね、重厚な巨大戦艦ってほんと素敵。
ダライアスシリーズは敵軍がみな海洋生物、水生生物をモチーフにした戦艦と云う
(わたしが)買わずにおれない仕様となっております。
と云ってもゲームによくある、対応機種の関係であまり持っていませんが。

取り敢えずは、来月分の家賃を払います。

2012年05月23日

海はモンスター!(第二回)

こんばんは、しおのやです。
ラブカが死んでしまったのと距離的に遠いので沼津深海魚博物館行きは中止、
半分の労力で行ける名古屋市科学館の「海のモンスター展」に行ってきました。
先月に続いて二回目の来訪でございます。
この調子だと、ひょっとすると来月も行くかもしれません。

今回は同僚ではなく家人と行ったのですが、二回目ともなると余裕が出て
着眼点が変わりますもので、前回気付かなかった部分のあれこれで
はっとさせられたり、忘れていたことを思い出したり、ミュージアムショップの
グッズの価格が解かっているので持って行く財布にゆとりがあったり、
と、同じイベントだからと云って、退屈はありません。

で以って、二回目の余裕で展示会場を見て回っておりましたら、
魚の移動目的によってひれの形や動かし方が違うと云うコーナーの資料映像で
数種類の鮫が映っていることを知りました。
同僚と一緒のときは、他人と出掛けるてのがすでに尋常でない事態である為、
自身は落ち着いているつもりでも見逃していたものも少なくありません。
ツマグロのかわいらしさに恍惚としつつ、初めは一分弱の映像を途中から観たので
今度は最初からと観ておりましたら、ハシナガイルカの場面に驚くべきシーンが!
*但し、驚いているのは自分だけ。
cookiecutter_nazo.png
二頭めのハシナガイルカの、背鰭より右後ろに十円ハg丸い傷痕がありまして、
まさかと云わず、これはダルマザメの捕食攻撃の痕跡!
海のモンスターどもは数多く在れ、こんな食い方をするのはダルマザメを置いて
ほかにはいない!
ダルマザメてのは独特の顔付きをしておりますので、検索するときは御注意を。
これの捕食方法がユニークで、丸い口で対象に噛み付き、口の中を真空状態にして
肉を吸引、そしてツイストダンスをするように一回転して抉る。
残す傷痕と口の形から、クッキーカッターシャークとも呼ばれています。
イルカだけでなく、マグロやカジキ、サメ、シャチなど、食いつけるサイズなら
なんにでも食いつくと云う貪欲さ。
潜水艦や潜水服に噛み付いたと云う話も聞きます。(笑)
もう死んでしまったけど、名古屋港水族館にいたシャチのナミの胴体にも
ダルマザメの噛み付いた傷があったそうな。
こんだけ熱弁を振るってダルマザメじゃなかったらそれこそ水槽があったら入りたい
みたいな心持ちになるんでしょうが、まあそのときはそのときってことで。
とっくに気付いているよ!と云うかたはすみません。
発見の喜びを胸に仕舞っておけませんでした。

ミュージアムショップのクジラスプーンが売り切れていたのは残念!

2012年05月09日

辰巳の天中殺

六月一日、ホフディランのライヴで大阪に出向くので午前中と昼下がりを
フル活用して海遊館に繰り出そうと思っていたら、
マイワシの三万匹追加をするとのことで、水槽環境が変化して、
敏感なジンベエザメが病気になったりびっくりしたりしないように
高知の飼育センターへ一時避難とのニュース。
遊ちゃあああん……!(涙)

七月には戻ってくるそうです。

jinbezame001.jpg
きれいな星を身体に帯びる、さながら海中の夜空。
高知の飼育センターではジンベエザメと一緒に泳ぐなんて企画もあるそうで
そんなことしたら喜悦頂点極まって、そのまま昇天しそうです。
本命は白和邇とホホジロザメ。
願い叶うならメガロドン。
海遊館に行く予定は保留にするかと迷いつつ、なんかエジプト展に連動した
魚の展示があるそうなので、五月の勤務でくたばってなければ
ジンベエザメ不在の水槽に哀感を帯びて寂しくなること確定で、
ちょっと行ってみようかなあ。

そして夕方、
美ら海水族館のサイトで悠々と泳ぐジンベイザメの動画を観ていたら
すべての悩みは些末な小石に思えてきました。
オオメジロザメもいるんだよな、珊瑚も本物だしな、美ら海水族館。
死ぬまでに一度は絶対に行く。おきなわー!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。