2012年06月29日

ガマはいなかったけど蒲郡

ガマの文字が違いますね。
蒲郡竹島水族館へ、噂のフウセンウオを見に行ってきました。しおのやです。

fusenuo01.jpg
フウセンウオ。
ふぐのような面構えの親指より一回り大きい程度のミニサイズな魚で、
腹部に有る吸盤で貝殻や水槽のポンプ、置物、水槽の壁などにひっついて廻る。
寒い海の出身だそうで、水槽には外気と水温の差による結露が(笑)。
デジカメから取り込んだ写真なので、いつもの携帯の写真より愛嬌くっきり。

竹島水族館のタッチプールは非常に大きく、季節によって生体が変わるそうで
この日は貝とカニと、エイとサメがいました!
ネコザメとドチザメ!
あと、四種類以上のウツボが泳ぐウツボ水槽があって、それはもう圧巻でした。
苦手なかたもいると思うので写真は貼りませんが、いろんな模様の様々なウツボが
和気藹々と(?)うねり這って泳ぐ姿は幻想風景でございます。
一番大きな水槽にも鮫がいました。
意外と鮫がたくさんいる水族館で感動も極まるってもんですが一番びっくりしたのが
ナヌカザメの赤ちゃんと卵の展示でした。
ナヌカザメの卵は"人魚の財布"と云う異名を持っていますが、卵を縁取るような
蔓のくるくるまいた部分なんて、随分と御洒落な具合でございます。
十五センチほどのナヌカザメベイビーはすこぶる愛らしゅうございました。

ドリルのような形状をしたネコザメの卵も一度見てみたい。

さて、水族館を堪能した後は、せっかく蒲郡に来たのだからと足を伸ばして
複合レジャー施設のラグーナ蒲郡も見て廻りました。
午後を大分過ぎていたので魚市場の活気のピークを楽しんではいませんが、
市場ゾーンの一角、魚の干物を売っている店の軒先に、
なんと、

鮫の干物がぶらさがっておりました!

あまりの衝撃に、お店の人にお願いして写真を撮らせていただきました。
シュモクザメと、もう一種類、クロヘリメジロかクロトガリのように見えたのですが
ヤジブカにも見えるし、こうなるともう「鮫」以外の単語が思い浮かばないと云う
わたしの知識の致命的な不足と、干物状態から元の形状を復元する観察眼の無さに
正体は不明ですが、頭に渋いサングラスを乗っけていました。
そう考えれば、シュモクザメは本当に特異な形状なのでございますね。

想像以上に鮫の多かった蒲郡、またいつか遊びに行きたいなあ。

fusenuo02.jpg
おまけ
このフウセンウオはこの貝殻がお気に入りらしい(ずっとここにいた)。

2012年06月27日

仕事と遊びのバランス

今年は七月三日にホフディランのライヴがなさそうなので、
有休の予定を変更しました。
家人が不調なので、空気のいいとこでのんびりさせてやりたいなあ。
夏は繁忙期らしいけど、その労働時間と環境はさすがにどうなのよ、と
思わずにいられませんが思うだけならタダなので、腹の底から思っています。
うちの事務所もまたもやごたついてきたぞ。
さておき、

行きたい場所まとめ
海遊館:ジンベエザメの遊ちゃん待ち
蒲郡竹島水族館
南知多ビーチランド
アクア・トトぎふ(世界淡水魚園水族館)
碧南海浜水族館
豊川市・赤塚山公園(ぎょぎょランド):なんと入場料が無料!
京急油壺マリンパーク
近所の海水魚・熱帯魚ショップ

七月の中旬に同僚を京都水族館に案内する予定です。楽しみ。
物の見事に海と川に偏っていますが、最近は淡水魚にも興味が湧いてきまして
特に、地元の川を再現して展示しているのにくすぐられます。
淡水魚だと、ネオケラトドゥス・フォルステリがとてもかわいらしい。
カメラのバッテリー予備を二つほど買っておこう。

平行して進めていることも、そこそこいい具合です。
そこにもう一つ、新しいことを始めようと画策しているので
今年の夏も忙しくなるぞ。
楽しいことで忙しくなるのは精神が活発になりますね。ありがたいことです。

2012年06月23日

海の我が家

bts_335.jpg
どうもこんばんは。
しおのや宅のツマグロです。

もちろん本物ではなく、AQUAZONEと云うソフトにいる鮫です。
AQUAZONEと云えば、PCデスクトップで熱帯魚が飼える!で一世を風靡しましたね。
このブログでも過去にセガサターン版アクアゾーンを記事にした気がしたので
どんなもんだったかと思えば、

全ての魚がネオンテトラになって死滅していた

……なんてことを書いておりました。
本当にあのバグは一体なんだったんだろう。

で、なにゆえ今再びAQUAZONEなのかと申しますと、鮫が動くソフトはないものかと
検索したら、AQUAZONE水中庭園シリーズに行き着いたのであります。
わたしが購入したのは"HYBRID パーフェクト・海水編"と云う水中庭園シリーズの
海をテーマにした「リーフフィッシュ」「ブルーシー」「パシフィック」「カンブリア紀」
「イリュージョン」「イリュージョン2」の六本がセットになったものでして、
クラゲだらけの水槽にマンボウ一匹を放り込んで居心地悪そうに泳ぐのを眺めたり、
暗い部屋で、光る生物だけを集めた水槽を前に希望の光を探してみたり、
鮫を入るだけ水槽に入れて至福の眺望に時を忘れたり、
ウミガメを最大個体数にして名古屋港水族館に思いを馳せたり、
壁紙を好きな画像に替えてスクリーンセーバーを作ったり、楽しみ方は色々あります。
が、これは観賞専用ソフトの為、飼育は出来ません。
残念。
鮫と云う鮫はブラックチップシャーク、和名ツマグロだけです。
無念。
ぼんやりする時間が長くなってきたので、残念無念と言いつつ重宝しています。

そして、もう一本。
"Aqua Real 2"と云うソフトのデモ版をダウンロードしました。
スクリーンショットは撮れなかったのですが、生々しいイソギンチャクが揺れるインパクト。
最初そこしか見てなかった、と云うか今でも起動するたびにイソギンチャク見るけど
海流の流れをリアルに再現した、観賞&スクリーンセーバーソフトでございまして、
こちらは体験版の為、魚の追加などは出来なかったのですがそれはさておき、
観賞中のコマンドに「サメを呼ぶ」が有るのであります。

シャークコール!

そんなボタンがあって、やることはただ一つ。
押す。

クリックすると岩陰からサメがのっそりと現われて、画面手前に泳いできます。
肝心のサメの種類ですが、これがちょっとはっきりしません。
サイトのどこかに書いてあったかな。うーむ。
メジロザメ目の吻と口の形と体形、背鰭や尾鰭の先端が白いのと、
舞台(?)が熱帯海域の珊瑚礁なのでツマジロじゃないかと思うんですが
果たして。
で以ってシャークコールですが、何度かやっていたら、なんと鮫が二匹出現しました!
こちらに向かって来て、いきなり口開けたら怖いなあ見たいなあ、と思いますが
さすがにそこまでのサービスは無いでしょう。
デモ版だから、てんなら製品版を買いますけどね(笑)

不満は特にありませんが、こう云うのは雌しかいないのでちょっと寂しい。
鮫の生態シミュレーションなんぞあったら迷わず買うのに。
twitterのネタだったか、サメプラス(ラブプラスのパロディ)なんてのがあったけど
あれは本気で欲しい。
シャチに喰われて死亡とかマッコウクジラの集団に突付かれて大怪我とか、
スナメリに転生するとか、そう云うイベントをふんだんに盛り込んだシャークライフ
……嗚呼。

眺めるだけ、波音を聴くだけ、意外とこれが最近の楽しみでございます。

posted by しおのや at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読む観る聴くの楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

PORT OF NAGOYA PUBLIC AQUARIUM!

おおよそ一年振りに、名古屋港水族館へ行って参りました!
水族館があればどこにでも赴きます、しおのやです。みなさまこんばんは。

台風が過ぎ去って曇り空、忙しい家人と休日がなかなか重ならない昨今ようやく
シフトの合う日が来ましたので(とか云いつつ先週は京都水族館へ行きましたが)
近場の名古屋港水族館に遊びに行きました。
一つはシャチの親子を見る為、もう一つは二十四日までの企画展を見る為です。
『特別展 人の都合で侵略者(エイリアン)〜愛知の外来種〜』と云うことで
御馴染み琵琶湖のブラックホールことブラックバス、ブルーギルを始めとする
各地の外来生物を詳しく見てみようと云う催しにございまして、そもそもは
アリゲーターガーがどんなものかと知りたくて行ったのですが、
ワニガメに度肝を抜かれました。
最初はでかい水槽に苔生したでかい岩の置物が入っていて、そこに小魚がいたので
てっきり魚が外来種なんだと思っておりましたら、その岩こそが外来種・ワニガメ!
だったのです。
ミニサイズのドダイトスですよ、あれは。
あんなのにガブリとやられたら手首ごと千切れるわい。
アリゲーターガーは思ったよりも細身で小柄で、顔はワニと云うより痩せたモグラ…
のようなイメージでした。

さて、上記の特別展に展示されているものの一つに"チャネルキャットフィッシュ"
通称アメリカナマズてのがいるのですが、これ館内レストランで食べられます。
注*別に水槽から直接、料理場へ行くわけではなく、食用に飼育されているものです。
と云うことで、チャネルキャットフィッシュのフリッター、食べてみました。
普通の白身魚のフライです。
アメリカナマズと言われなければ、分かりません。
言われても分かりません。まるでメルルーサ。
そして、なんとこんなメニューがあったので迷わず選びました!

シャークステーキ!
シャークフライカレー!

遂に、鮫肉を食してしまった。
一般的に鮫肉はアンモニア臭いと言われていますが、そう云うことはまったくなく
ソースの引き立つ素朴な味わいですこぶるおいしゅうございました。
「名古屋港水族館の開館二十周年の記念に開館当時の人気メニューであった
シャークステーキを復刻した」との説明は帰宅してから知ったのですが、
使われている肉がネズミザメだとはびっくら。
ネズミザメを喰ったとは、感慨深い。
血となり肉となって、明日の活力となってくれることに感謝。御馳走様でした。

日本の海コーナーからの順路に在る小さなアーチ型水槽で昂奮が鰻登りになり
その先の、トラザメの卵と生まれたばかりの仔ザメのいる水槽で血圧が上がって
ぶっ倒れても悔いが無いと思うまでに至りましたが、その後、赤道の海コーナーで
トラフザメとネムリブカの遊泳する姿を眼前に、みごと言葉がなくなりました。
あのときの感動を文字にするのは難しく、無為でございます。

シャチの親子もしっかりかっちり見て参りました。
タイミングよくトレーニングの様子を観ることがで来たのですが、いやはやもう
かわいいですねえ。口開けたらちゃんと舌があるのがかわいい。
餌の魚をもらって嬉しそうにしているのが、堪らんです。
海獣と云えば、ベルーガのグレイが妊娠十三ヶ月だそうです。
今までしっかりとベルーガを見たことがなかったのでこの機会にと足を運んだらば、
なんかなし、口を開けた顔が笑顔に見えて、ええもんだなあと思いました。
子供が生まれたら会いに行きたい。
ウミガメ、タイマイも産卵が順調だそうでこちらも仔亀の誕生が待ち遠しいですね。

近場だからと後回しにしていましたが、いやあここ最近の勉強の成果もあってか
以前に遊びに行ったときよりも色々と深く楽しめた気がします。
タッチ水槽でウニとかヒトデとか触ってきました。
アメフラシの柔らかさは反則的な官能の手触りでございます、柔らかいものに
飢えているかたはアメフラシに手を伸ばしてみるのも一興かと思います。
きれいな手でそっと優しく水から出さないように。
決して揉まないように。

帰り際のもう一つの本番、ミュージアムショップも隅々まで堪能しまして、
シャチ親子の文房具を買ってきました。
さて、ここまで一つも写真を貼っておりませんが、撮影しなかったわけではなく
バッテリーが切れた為、充電中なのです。

京都水族館でもバッテリー切れたんだよなあ、矢張り替えを幾つか買っとくか…。

2012年06月15日

KYOTO AQUARIUM!

京都水族館に行って来ました、日帰りです。しおのやでございます。
皆さま、こんばんは。

未明25時からのナインティナインのオールナイトニッポンに友川カズキさんが
ゲスト出演、ラジオでライヴと云う豪華盛りだくさんの熱狂の展開で
久々に番組終了までしっかりと起きておりました。
明けて朝、
定休なのに早く起きてしまったので、南知多ビーチランドへ行こうかと
家人と話しておりましたら、妹が京都に行きたいと言ったので、
そうだ、京都へ行こう。
ではないけど、即断即決で京都へ行って参りました。

蒸し暑い。

目的地はもちろん先日オープンした京都水族館!
ネムリブカの楽園が鼻腔の血管に直撃したり、泳ぐウツボを初めて見たり、
オオサンショウウオとウーパールーパーの混同に決着がついたり、
頭の回転がよくなった気分です。
でかい伊勢海老がいました。
紅ズワイがいました。
石鯛がいました。
大ダコがいました。
サワガニにサクラマス、アユ、クエ、実にうまそうな水族館でございます。
暗い穴倉で重なって眠るようなネムリブカと共に悠久の極楽浄土を漂う白昼夢に
今現在も夢心地です。
京都水族館内のフードショップに、すいぞくパンと云うのがあるのですが
これに新しい仲間が増えておりまして、なんとサメのパンがありましたので
記念にと家人が買ってくれました。
samebread2.jpg

その後、所用あって七条の三十三間堂へ。
数年前は仏像の名称と説明が日本語と英語の両方あったはずですが、
英語だけになっていたのが残念。
ちょっと雰囲気が変わった感じでしたがこれは単純にわたしの感性の問題か。
往路復路ともに新幹線を使ったので早くて楽ちんな日帰り小旅行となりまして、
水族館に行った後は寿司と刺身が食いたくなる発作ともに名古屋へ戻り、
晩飯は、魚民が沖縄フェアをやっていたのもあって、刺身をツマんできました。
魚は見て和む、食べて幸を知る、育てる……には自身の管理能力に責任が持てない為
ともあれ、雨に降られることもなく、よく歩き、よく叫び、よく食べた一日でした。

京都水族館のミュージアムショップにオオサンショウウオのぬいぐるみがありまして
これの足元クッションになりそうなLLサイズが非常にお買い得でしたが、
家にでかいジンベエザメぐるみがいるので買ってません。
代わりに、携帯クリーナーを買いました。ぱっと見ウツボに見えなくもない……。
手触りも柔らかさも按配良く、オオサンショウウオがお好きなかたにオススメ。

jelly02.jpg jelly01.jpg
涼しさ満天(誤字に非ず)ミズクラゲ!

2012年06月02日

オーサカ漫遊録(一日遅れ)

六月一日、行ってきました、大阪は心斎橋のミューズホール!
ホフディランのツアープラトン大阪ライヴでございます。
海遊館にも遊びに行く予定でしたが、午前中は頭痛に見舞われて昼過ぎまで寝込む
と云う大変に残念無念な下りにて今回はお流れ。
ライヴに行くのすらも危ういかと累卵の危機に危急存亡も危ぶまれて(大仰)
しかしながら、
本命のライヴには痛みも治まって、感激、感動の二時間半を過ごしました。
生ドライブが聴けただけで、歓喜満開でございます。
つい数時間前に頭痛で寝込んでいたとは思えぬほどのテンションで、
軋む関節に無理を云わせて、乗りに乗って踊って歌ってはしゃいで笑ってきました。
一箇月分の喜びを消費して補給した気分です。
ガッツだぜ!
ミュージシャンが違う…わけではなく、ジョン・Bさんがゲストにいらしたのです。
音楽関係に疎いので、紹介されるまでウルフルズの人と知らなかったけど。

熱狂の内にライヴが終わって、名残も余韻楽しみたいのはやまやま、
翌日が仕事(繁忙の月末月初)なので、のぞみの終電で家に戻りました。
新幹線て意外と終電が早いんすね。

そんなわけで、今このときにようやっと余韻を楽しんでおります。
そう云えば、ライヴが終わってから物販でグッズを買ったのですが、そのときに
ワタナベイビーさんと 握手 をしました!
あこがれさんに実体があることを確認しながら、これは夢じゃなかろうかと
大音響バリバリイエーイで聴こえにくくなった耳のせいもあって、ゆめうつつで
いや、今もあれはいろはす(ワンドリンク)の見せた幻ではないかとおぼろげに、
とか云うと、いろはすに怪しいものが入っているみたいですね。
入っていません。
あれは確かに現実だったのだ。
理想の人・座長さんと握手したり、あこがれど真ん中ベイビーさんと握手したり
わたしの右手にはそのうち固定資産税がかかるんじゃなかろうか……。
handshake20120601.jpg
これが果報者の右手である。

ライヴとは関係無いですがオーサカミューズの入っているビルに、
sinsaibasi_street0jaws.jpg
鮫がいました。
レストラン・バーだそうです。看板にも鮫の絵が描いてあったし、ひょっとして
店内にも鮫がいるのではなかろうか……と期待が膨らみます。
今回は終電の関係で覗けませんでしたが、次の大阪・海遊館行きの際は
覗きに行こうと思います。
なんてたって、鮫ですから。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。