2012年04月25日

華の御江戸に書を求めて〜都へ上って・復〜

東京、
それは家の近所には存在しない、珍しいもの、奇特なもの、珍妙なものを
取り扱う店がそこかしこに潜む場所。
別名、散財の伏魔殿改め宝物殿。*但し宝の価値は見る人によって大きく変わる

と云うことで一夜明けて四月の二十日、やってきました東京は東十条!
デジタルカメラの写真サイズの設定は昨晩の内にいじり直しました、
おはようございます。
そして寒い。
本当、東京の春はどこで寄り道を喰ってんでしょうかね。
名古屋が温暖だから春の装いで上京したら、季節違いもいいところでございます。
で、この日は朝から少々胃の具合が悪く、少し胃を干すつもりで朝飯を抜いたら
予定以上に早く目的の店に着いてしまった為、開店までの一時間ほど
十条そぞろ歩きと洒落込んだ……のですが思った以上に何もない!(失礼)
東京なのに人がいない!
と、自分だって大阪と京都の影もかたちもない大阪と京都の府境に
住んでいたことを記憶の端にやって勝手な思考を巡らせながら徘徊し、
歩く内に調子がよくなってきたので遅めの朝飯を摂ろうと、そう云えば今朝方
ホテルのTVで観た"スッキリ!"の星座占いで、本日のラッキーアイテムが
オレンジジュースだったのを思い出し、オレンジジュースを求めて喫茶店へ。
開店時間までを優雅に過ごします。
そして、時刻と共に一路、目当ての店へと再来。
いやもうほんと、その店に行く為だけに上京してもいい。
次は買った側から宅配便で自宅に送るべく、梱包材を持って行く。

午後、座長さんと会う予定がありますのでこちらも心待ちの楽しみ、
しかしながら約束の時刻までは結構な時間があると云った次第で、
人の噂に聴いて気になっていた、池袋はサンシャイン水族館へ行って参りました!
意外と空いていたのは、曇天模様と寒さのせいでしょうか。
あゝ、夢のサンシャインラグーン!
鮫!
生で生きている本物の鮫!
サメが泳いでいる、サメがいる、それだけで天にも昇る幸福です。
シノノメサカタザメはサメではありませんが、面妖にかわいらしい面構えです。
タイミングよくサンシャインラグーンの水中パフォーマンスタイムだったので
ダイバーのおねいさんがエイや魚と泳ぎ戯れるのを羨望の眼差しで嫉視し、
始めから終いまでしっかり網膜に焼き付けて、残りのエリアはいささか速足に、
館内ショップで鮫グッズを買い込んでいたら約束の時間が間近、
入った道と出る道を間違えて池袋駅に行くはずが東池袋駅(だったはず)と云う
大ポカをやらかしましたが、待ち合わせの時刻には間一髪で滑り込みました。
確か。たぶん。

座長さんに久方振りの挨拶を。
注釈*旅芸人一座のかたではありませんが、それに似た雰囲気をお持ちです。
ゆえにこの呼称を使いますが不適切なら御一報ください(含私信)
わたしの希望で中野の街を案内していただきましたが、ほんの数本の路に
なんだこの街は
と思わせるオーラが満ち満ちていて、非常に興味をそそられました。
機会があれば、中野漫遊もいいかもしれない。
帰りの新幹線の都合等々、短い時間の邂逅でしたがえらく濃い一時でした…。
街の雰囲気も相乗効果をもたらしていたような(笑)
色々とお話しする中、わたしの近況の一つにとても驚いていらっしゃったこと、
少しでも刺戟になりますれば、これ本懐にございます。
御馳走様でした。

雨曇りと思ったけど雨は降らずに済んでよかったよかった。
東京にさようなら。
途中、静岡辺りで新幹線の窓硝子にばんばん雨粒がぶつかってきましたが
名古屋は雨雲が抜けていたので降られることはありませんでした。
そしてぬくい。

語らいと見聞は帰宅してから真に実感するものですね。
無事に行って帰った一泊二日、東京練り歩きの旅で得るもの大きく
実りは深く、空は曇天ながら心は快晴春爛漫の楽しい二日間でありました。
この旅で養った英気は昨今の創作に活きております。例*インカ熱再来

機の巡りは不可思議なもの、またいつかお会い出来ますことを願っております。
堅く結びまして、旅の拍子木にございます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。