2012年06月29日

ガマはいなかったけど蒲郡

ガマの文字が違いますね。
蒲郡竹島水族館へ、噂のフウセンウオを見に行ってきました。しおのやです。

fusenuo01.jpg
フウセンウオ。
ふぐのような面構えの親指より一回り大きい程度のミニサイズな魚で、
腹部に有る吸盤で貝殻や水槽のポンプ、置物、水槽の壁などにひっついて廻る。
寒い海の出身だそうで、水槽には外気と水温の差による結露が(笑)。
デジカメから取り込んだ写真なので、いつもの携帯の写真より愛嬌くっきり。

竹島水族館のタッチプールは非常に大きく、季節によって生体が変わるそうで
この日は貝とカニと、エイとサメがいました!
ネコザメとドチザメ!
あと、四種類以上のウツボが泳ぐウツボ水槽があって、それはもう圧巻でした。
苦手なかたもいると思うので写真は貼りませんが、いろんな模様の様々なウツボが
和気藹々と(?)うねり這って泳ぐ姿は幻想風景でございます。
一番大きな水槽にも鮫がいました。
意外と鮫がたくさんいる水族館で感動も極まるってもんですが一番びっくりしたのが
ナヌカザメの赤ちゃんと卵の展示でした。
ナヌカザメの卵は"人魚の財布"と云う異名を持っていますが、卵を縁取るような
蔓のくるくるまいた部分なんて、随分と御洒落な具合でございます。
十五センチほどのナヌカザメベイビーはすこぶる愛らしゅうございました。

ドリルのような形状をしたネコザメの卵も一度見てみたい。

さて、水族館を堪能した後は、せっかく蒲郡に来たのだからと足を伸ばして
複合レジャー施設のラグーナ蒲郡も見て廻りました。
午後を大分過ぎていたので魚市場の活気のピークを楽しんではいませんが、
市場ゾーンの一角、魚の干物を売っている店の軒先に、
なんと、

鮫の干物がぶらさがっておりました!

あまりの衝撃に、お店の人にお願いして写真を撮らせていただきました。
シュモクザメと、もう一種類、クロヘリメジロかクロトガリのように見えたのですが
ヤジブカにも見えるし、こうなるともう「鮫」以外の単語が思い浮かばないと云う
わたしの知識の致命的な不足と、干物状態から元の形状を復元する観察眼の無さに
正体は不明ですが、頭に渋いサングラスを乗っけていました。
そう考えれば、シュモクザメは本当に特異な形状なのでございますね。

想像以上に鮫の多かった蒲郡、またいつか遊びに行きたいなあ。

fusenuo02.jpg
おまけ
このフウセンウオはこの貝殻がお気に入りらしい(ずっとここにいた)。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278193263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。