2006年05月22日

一区切り

カテゴリ「隔日記」も、今回で百回目を迎えました。
これもひとえに、御来訪の皆さまの御陰。
だからと云って特別な催しも出来ませんので、いつも通りなのでございます。
日記でもなければ備忘録でもなく、覚書でもなければ走り書きでもないと云う
このブログのメインは次回より「隔日記、続」に後継してまだまだ続きます。

考えてみればもう少しカテゴリを細分化するべきだった、とは六日の菖蒲のこころ。
こんばんは、しおのやです。

最近、いささか自分の許容量以上の用事を消化しようと頑張っておりましたら
臨界を突破したらしく、胸部痛に見舞われて散々な日となりました。
いやあ、自分の身体を過信するのは好くないですな。

気分転換に例の、ネスカフェの炭酸入りコーヒー飲料「スパークリング・カフェ」を
探して近所のコンビニエンスストアを回ったんですが、どこにも売ってませんでした。
自動販売機も確認したけどなかったなあ。
商品の入れ換えが行われていないんだろうかしらん。

炭酸コーヒー、スパークリングカフェに就いては→こちらを御参照下さい。

で、妥協してジンジャーエールを飲もうと思ったら、売り切れてました。
先日から神社やらジンジャーに縁が多いような気がするので、次の晴天に
御宮参りに行って来ます。
そして、炭酸コーヒーを探索するわけです。

ないと分かれば、なんとしてでも見つけ出して飲みたくなる。

こう云うところのバネは、まだ健在なわけで。


コメント機能がようやく復旧した模様。
一安心。
posted by しおのや at 20:30| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

台風一過の青天に

コメントにコメントが返せないっ…!

と云う事態にはまって、さあ大変。ドジョウも出て来なけりゃ、蛙もいない。
ブラウザを変えて試そうが全くの無反応で「ERROR」の五文字を
突き付けられるばかり。
ブログ水槽が重いのかな、と取り外してもERROR、ERROR。
えらいこちゃ、ERRORいこっちゃ。

さては、昨日の詰まらん話でバチでも当たったんじゃなかろか。
寺社奉行さまに御祓いをしてもらわねば……!

御来訪の方々はどうなんでしょうか。
コメント制限機能は使用はしていないんですがねえ。
これは別途、コメント送信アクセサリーを設置したほうが好いのだろうかしら。

そんなわけでコメント欄に弾かれまくっている現在、
昨日いただきましたコメントに、ここで返信致します。悪しからず御諒承下さい。

>いらっしゃいませ。
二度あることは三度あると云いますから…。
……何が「よくあること」なのか分からないまま
解答するズボラさは御寛恕願います。



そう云えば、コーヒーに炭酸を混ぜた飲料をネスレが発売するそうです。
昔、試しにコーヒーにサイダーを加えたら、バクコールみたいな味になったんですが
そんな具合の味なんだろうか。
ちょっと気になるので、見かけたら買って飲んでみようと思います。
posted by しおのや at 17:54| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

これは吉か、凶なのか

京都府長岡京にある「長岡天満宮」と云う神社の御話。

この記事は、京都新聞のニュース→こちらで知ったものでございます。
なお、日数経過によるリンク切れは御容赦下さい。

さてこの長岡天満宮の、境内に設置された賽銭箱の中に四十雀(シジュウカラ)
と云う鳥が巣を作ったそうな。
まあ、けったいなところに巣を作ったものですが、これに職員が気付いて
「野鳥が巣を作りました。御賽銭は本堂へ」
と張り紙をしたそうでございます。

なんせ、卵もあったらしいですからねえ。巣=賽銭箱の中に。

ところが或る時から、親鳥の姿を見なくなったので賽銭箱を開いてみると
小銭に埋まって、巣として機能しなくなった居の残骸があったそうな。

四月中旬頃から参拝客が増えて、張り紙に気付かずに御賽銭を入れた人が
いたのではないか、との話。
張り紙を、賽銭箱の四方全面に貼ってなかったんでしょうかねえ。

職員のかたは卵から雛が孵(かえ)るのを楽しみにしていたそうで…。
残念なことです。四十雀ってどんな鳥だったか思い出せないけど。

しかし辛いこともあれば、喜ぶべきこともございます。

ひょっとすると、鳥を追い出した(と云うと聞こえが悪いが)のは
社に祭られている神様の意思であったのかも知れません。

これ、賽銭箱に巣を作った鳥がシジュウカラであるとは縁起が悪い。
賽銭が始終空(から)では、浮き世の沙汰も渡っていけぬ。

…………。
同じことを考えている人がいたら好いなあ。

鳥が巣を作れる場所も少なくなってきたってことでしょうかね。
林も無ければ、人里離れた山もなく、在るのは整然たるアスファルトの道と
耐震がどうのこうのと地震が来てもいないのに揺らいでいる高層ビル、
雅な花街、下世話な風俗街、太陽知らずのコンビニエンスストア。
あれなんとしたことか。

環境論を並べる心はありませんで、ここらで拍子木。
自分ばかりゃ御後がよろしいわけで。
posted by しおのや at 18:48| Comment(2) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

痛と云う字は見るだけでも痛い

背中の左側、下方辺りが痛みます。
皆さま、こんばんは。

痛みは痛みでもいわゆる疼痛と云う痛みでございまして、
泡吹いて病院に担ぎ込まれるほどの痛みではないわけですが、いや、だからこそ
なんとなく放っておくしかないような気がして更に遣る瀬無いのであります。

いやー、考えてみれば全然ゲーム制作が進んでいない現状
何が足りないのかと思ったら、体力気力もさることながら集中力が底を尽き
これじゃいかんと散策に出たいが、生憎と空は曇天、うすら寒い。
仕方が無い。PC関係の作業を進めようと椅子に座るも、背中が痛い。
欠乏と痛みと痒みには勝てませんなあ。

人生に於いての痛痒とは、欠乏と欠如と欠損と欠……あああ、背中が痛い…!

でも転げ回る級の痛みじゃないから、口に出して痛いと云うのは大仰な気がする。
さもありなん。
posted by しおのや at 18:09| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

前日の続き

nenpyo.png

昨日の1コマ漫画で、後ろのが手に持っていた書籍はこれです。
そして、これが大凡の混沌を沈静化させる手段です。

「理科年表」 国立天文台・編/丸善株式会社

本書の内容は、理科学生の為のデーター集と云うだけあって見事に理科一色で
理科系列データーの宝庫。と云うか、それしかない。

目次を開くと、暦部、天文部、気象部、物理/化学部(電気的・磁気的性質、音、
光と電磁波、光学的性質、原子・原子核・素粒子、構造化学・分子分光学的性質、
熱化学、電気化学・溶液化学と来て、物質の化学式および反応、生体物質)
地学部(地理、地質および鉱物、火山、地震、地磁気および重力、
電離圏)へ
更に進んで、お次は生物部(生物のかたちと系統、生殖・発生・成長、
細胞・組織・器官、遺伝・免疫、生理、代謝・生合成系)
そして話題の環境部(気候変動・地球温暖化、オゾン層、大気汚染、水循環、
水域環境、陸域環境、物質循環、化学物質・放射線)と云うポイントも押さえながら
最後の「附録」へと突き進むわけです。

で、一体何が素晴らしいかと云うと、これが純一のデーター集であると云うこと。

つまり、大気汚染のページを開いても「二酸化炭素を減らす努力をしましょう」とか
「空気を汚染しない為に私たちに出来ることは何か」と云った
無駄な文章が一切入っていないというところが貴重なのでございます。

地震のページにしても、地震が起きたらどうなるか、を書いているわけではなく

地震の規模とエネルギーの関係は
log =4.8+1.5
ただし、 :地震波として出されたエネルギー(単位はJ)

と、淡々たる文字が並んでいるわけであります。

適当に、ぱっと開いてみましょう。
「日本の主な湖沼」と云うデーターページでした。
名称、その湖沼を有する都道府県名、成因、汽水か淡水かの区別やら、面積、
透明度なんかはともかく、果ては全面凍結するかしないかなんてまあ
どうでも好い項目もございまして、贅沢ですな。

畢竟、

ここに他者や揉め事や心情や損得勘定なんてのは皆無である!
これぞ、生粋の活字(データー)の世界!
最高に清々しい、活字の中の活字的理想郷だ!蓬莱山だ!

しかも理科知識まで身に付く一石二鳥です。

雑多なことに追われて、停滞の流れに踏み込んだときはこの一冊がよく効きます。
飽く迄も、わたくしの場合でございますが。
感想を共有する、と云う点に於いては全く役に立たない書籍だけど(失敬)、
人間模様の煩雑に疲れたときには、ありがたい味方。


ヒト染色体の遺伝子地図なんてものもあります。
思った以上に癌遺伝子の数があって、びっくら(ヒト遺伝子座標参照)。
posted by しおのや at 18:10| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

前振り漫画

mazu_bou0514.png

現在、こんな状況です。
時間の流れに突き放されたような感覚と、充足に似た虚脱感とが混然と
心奥に車座で居座っている具合。
で、何が前振りなのかは、のちの話と云うことで。


grad_p1.jpg

これはAzPainterの、グラデーション機能と角ペンと円ペンと、
新たに搭載された指先ツールを使って、マウスのみで描いたもの。
抽象的な絵を描き始めたら「精神的な疲労が、困憊地点に達しつつある」
と云う、自分物差しの、鯨尺採寸。
posted by しおのや at 19:27| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

今度はゲームパッドが…

かなり昔、このブログを始めた頃に「マウスの調子が悪くなる」と云う事態に
見舞われた覚えがあるんですが、今度はゲームパッドが剣呑です。

不明なデバイス

何度つなぎ直しても、デバイスマネージャーを弄ろうとも、この七文字に
全ての道が塞がれてしまう苛立ち。
不明でも謎でもなくて、ただのUSBゲームパッドだ、馬鹿野郎…!

ネットで集めた情報によれば、WindowsXPのサービスパックをインストールすると
デバイス認識関連のエラーが起こり易くなるらしいとのこと。

アンインストールしたろかと云う衝動に駆られながらも、
そこは転ばぬ石橋の先の杖の鼻元思案。
もし、アンインストールしてなんの解決にもならなかったら労力の無駄になる
と思いとどまり…、まあ面倒臭いからと云うのが本当のところなんですが。
アンインストール自体にもリスクがないわけではないからなあ。

アクションゲームやシューティングゲームをキーボードで遊ぶのは、
指への拷問です。指がつります。
そんならどうするかってえと、矢張り買い換えるしかない。
ところがどっこい、買い替えっても、そうほいほい金は出ない。出せない。

ああ、憂さ晴らしのドンパチゲームと、こんな形でさらばとは……。


欲求の代償発散に走り、ドット打ちで気分を紛らす。

eil.png eil_2.png

一昔か二昔前のSF系シューティングゲームの、キャラクター選択画面風に。
(のわりにサイズを統一していない大雑把)
輪郭描画には実験的に円形ツールを使いました。これが意外と……。
posted by しおのや at 17:15| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

春眠欠乏、午睡渇望

皆さま、こんにちは。
寝不足で血圧の低さに拍車が掛かっている為か、どうにも精力が底を尽き
昨日の昂揚がまるきり嘘のような具合のしおのやでございます。

タイミングってのは大切ですね。
ちょっとした出来心でやったことが、物の見事に或るタイミングと重なったので
引くに引けなくなる。……と云うのを、今し方体験しました。

話頭を転じ、
このブログにオフラインの起き伏し生活勝手向きを綴らないからと云って
わたくしは無色透明な人間ってわけでもなく、せめてオンライン中は
実生活なんか忘れたいのと、単にPC内外の垣根があるとまあそう云う話。
日常生活をネタにして書くとなると、どこまで明けて好いものやら迷いますからねえ。

更に転々として、
「2D格闘ツクール2nd」と云うゲームを作るソフトがエンターブレインから出ている
わけですが、昨今このソフトで制作されたゲームにはまりまして、こりゃ一つ
弄ってみたくなりました。そこで検索をかけようとキーワードを入力し、いざ!

各党ツクール

変換の一発目がこれかよ。
さすが「セイサク」変換では「政策」が主力候補に挙がっている政治経済的PCだ。

だが、この変換一発で、私の気力は青菜に塩のていたらく。
漢字のイメージってのは恐ろしいもんです。頭の中2Dアクションゲームではなく
腑抜けた顔の政治家を育成するゲームを想像してしまったのがとどめとなり、
結局検索はしたものの、購買欲は目詰まりを起こしています。

各党育成ゲーム
ゲーム趣旨
 「立派な党員を育てて、良い国家を創ろう。」党員は必ずどこかの組織に属して
 おかねばならない。ゲーム開始時に選べるのは下記の七つ。

地味党
 →地味婚、ジリ貧、質素倹約。目を離すと海外に行って散財する悪癖がある。
協賛党
 →あれ好いですねー、これも好いですねー、の日和見主義でカモフラージュ。
  隙を見付けたら、根こそぎで利潤を刈り取ろうと大鎌を装備している。
見ん衆党
 →「下々と云うものはな、生かさず殺さず、絶やさず潰さずじゃ」
  「ほっほっほ、あなたも御人が悪い」
  一を見て三を推測する能力には長けているが、十聞いても一しか把握出来無い。
孔明党
 →謀略と画策と根回し上手な頭脳派。しかし押し並べて策士策に溺れる為
  育成時には自重自戒の精神を高めることが重要。
砂眠党
 →とにかく果報は寝て待て。
  注釈*党の名は、砂の如く眠る、の意。
酷民辛党
 →我慢と忍耐力に秀でたグループ。しかし、内情が固まっていないので
  下手をすると炎天下に置き忘れたゼリーのような状態になる。
上白糖
 →時々、一袋99円で売られている。

以上の文には、社会批判やら政治批評やらといった高尚なものは
含まれておりません。折々ゆめゆめ悪しからず。
ジョーク。
posted by しおのや at 15:24| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

ブログに魚がやってくる

やってきたー!
ブログに熱帯魚がやってきたー!

気分昂揚中のしおのやです。皆さま、こんばんは。

荊棘が軒(あばら家)に熱帯魚と云う高級感あふるるものってのも不均衡に
いかがなものかと思いましたが、これも隔離現実空間の一興でございます。
華やいだ雰囲気はいらないけれど、あちこちと覗いて回るブログがあれやこれやと
様々な趣向を凝らしていらっしゃるところが多く、私も何かしたいなあ……
とブログアクセサリーを検索しておりましたら出会ったわけです。

まずはこちらの“blogparts”と云うサイトさまに。

そしてそこで“mini AQUA”さまを発見したのでございます。
馳せ参じ、注意書き等を読むこと数分。
設置した水槽を見るには「ショックウェーブ」が必要だそうですが、それはばっちり
インストール済みなので問題なし。

いざ、ネオンテトラやカクレクマノミやディスカスと云った魅力的な魚たちの中、
背景タイプは今のところ一種類しかないけど、
可愛くてたまらないプラチナエンゼルをいただきました。

最初は一匹だけ泳がそうかと思っていたんですが、
それではちょっと寂しいと、二匹でたゆたっているわけであります。

「あばら家に 満足するかな 熱帯魚」

…ああ、幸せ……!


レイアウトを考えて、余り使用しないと思われる記事検索機能を削除しました。
もし「あれがないと、こんなごちゃごちゃしたブログの記事は見付からんわー!」
と云うかたがいらっしゃいましたら、コメント欄にて御一報下さい。
posted by しおのや at 20:37| Comment(2) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

七色には及ばず

nanohana_02.jpg

デジタルカメラで撮った、写真としては失敗している写真を
フォトショップで加工したもの。

写真には関係ないけど、昨日の記事タイトルは「こむまんこう」と読みます。
「きょむまんこう」でもOK。
posted by しおのや at 21:44| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

茹だる…

atui.gif

初夏を一足飛びにして、気温は真夏日並だそうです。
みなさん、こんにちは……

上の絵に全ての理想を込めました。
冷えたスイカをかじり、縁側に吊った風鈴の音を聴きながら、ごろごろと
団扇片手に夕暮れの涼しくなる時刻を待つ。
これぞ理想の暮らし。

しかし残念なことに、うちには畳も縁側もスイカもありません。


溶解する文章構成回路。
posted by しおのや at 17:14| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

空間の彩

renge.jpg

デジタルカメラの使い方を書籍で勉強中のしおのやです、こんばんは。

写真と云うのも、漫画や映画のカットのように、空間を写し撮るセンスが
要求されるものだと痛感しております。
趣味なので「もう少しうまくなれば好いや」と思っていたけれど、あれやこれや、
もっと上手に現実景を切り取りたいってな欲求が出ています。

蓮華草は好きですが、群落を取るのは難しいので一輪に接近して撮影。
右側の空間をもっと深く取れば好かった。
posted by しおのや at 18:02| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

Key of PANDORABOX.

即ち、掃除。

掃除と云うのは、部屋を清潔に保つ為の仕事の一つでございます。
毎日掃除機を走らせる、雑巾をかける、窓枠を拭く、チェストの天板に指を滑らせ
「埃が溜まっているんでない?」と厭味を口にあげる、山積の書籍にはたきをかける
等々、色々と凝ろうと思えば幾らでも拘泥出来るのが仕事たるところ。

そんな風に書いてはおりますが、わたくしは掃除が苦手です。
本棚以外を掃除する気がさらさらない、……とは云え、その割り清潔好きで
神経質なわけで、これが厄介。
床にゴミが落ちているのは嫌なので、時々掃除機とダンスします。

まあ、なんだかんだ云っても普段は家人がしてくれるわけで、ありがたい環境です。

さて本題。
本棚の整理中に昔の絵を発掘しました。

play.png

平成十二年、五月二十九日に描いたイラスト(ミリペン画/下書き無し)。
以前は絵の横に日付を打つ癖があったので正確な日時が解かります。

play02.png

play03.png

この二枚も発掘物。同じ日に同じ紙に描いた絵です。

睫毛が二本以上ある!
眼がでかい!

……伏目がちな場合とか女性の絵の場合は睫毛を描かないこともないんですけど。
目の大きさと云うか、描き方はかなり変わりました。
こう云う絵が好きだったんですよねえ。

デッサンの狂いとか技術面の云々に思い切り眼をつぶると、前の絵のほうが
書き込みが多い気がする。

で、昔の絵を恥ずかしげもなく貼り付けると云う本日のブログは、わたくしの
露悪趣味の一端を垣間見せる舞台なわけでございます。


それにしても、「日々精進、鍛錬は研鑽」と言いながら、今の絵と六年前の絵を
見較べてみたら(絵質ではなく描画技術が)大して変わっていない。
描画レベル停滞も、ここまで顕著だと大したもんだ。
posted by しおのや at 20:32| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

休日なのに休めない日

手を加えない、手を出さない、が最上策と云うこともある。
深呼吸も役に立たないくらい緊張していては、出来ることも出来なくなる。
リラックスと云う行為の難儀なものよ。

真面目な思案はここまで。


wasabi.jpg

十八日の記事で話題にした「わさび」関連の食品に新しい仲間が加わりました。
わたくしの食糧貯蔵地に無気味な沈黙を以て増え続けるわさび食品…。
おいしいから構いませんですが。


そう云えば先日、洋菓子の「マカロン」なるものを生まれて初めて、食しました。
なんと云うか、その……

すこぶる甘いっ!

チョコレート以外の甘いもの苦手なんですけど、流行に乗ろうと思って
滅多にしないことをすると、こう云う結末を迎えるわけか。
甘いと云っても果実や米の甘さは好きです。
和菓子も控え目な甘さであれば、コーヒーのアテによろしゅうございます。

余談。いまだに食べられないのが、ハワイ土産なんかのチョコレート。
咽喉を焼く甘さが、味覚の許容限界を軽く超える。
posted by しおのや at 18:43| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

わさび色々

なんか身の周りに、と云うか、食卓に山葵(わさび)入りの物がやたらと多い気が
するのは錯覚ではなく、現実であり、晩飯を終えたところのしおのやです。
皆さま、こんばんは。

食の細いわたくしにとっては、スナック菓子も立派な晩飯でございます。
と云うわけで、今晩の飯の一部をclipping.

ebisen.jpg

このほかにも、わさびメインの佃煮海苔とか、わさびふりかけとか練りわさびとか
わさびスナック(上記の菓子とは違うもの)とか、とかくにわさび関連の食品が
ストックされているわけですが、買ってくるのは家人ですから別に私がわさびの
魅了催眠にかかって買い込んでいるわけではありません。

気が付いたら「わさび天国」にいました。

これに続くのが、赤唐辛子(ハバネロ含む)系統の食品です。
世が、香辛料の貴重品な時代であれば、なんという贅沢でございましょうか。
残念ながら、時代は香辛料をさほど珍重しておりませんのでどれだけ妙な
食品があろうとも自慢にならないわけで。

わさび味は好きです。

関係ないけど、家人からプレゼントとしてもらった煙草も、緑鮮やかな
わさび色パッケージです。

tabako_pall.jpg

あ、伊藤園の緑の野菜*を冷蔵庫に入れとこうかな。
注釈*緑の野菜…咽喉越し爽やかな野菜ジュース。買い溜めしていたものなので
  賞味期限が怪しい。
伊藤園のサイト(→こちら)の「お茶百貨」と云うコンテンツは面白いです。
ネットサーフィンに疲れた眼を休めたいときに御勧め。緑色が目に優しい…。

でもって、

stu_01.png

わさび色イラスト。
いや、元の絵はブルーだったのを「そういやあ青系のイラストばかりだなあ」と
RGB変換でグリーンにしただけなんですけれども。
posted by しおのや at 20:02| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

捨てれ、多惨の意思

燃えるゴミを出す日に燃えないゴミを間違って捨てるのはともかく、
恥と体裁と節度だけは捨てちゃならねえよな。

喜悦に我を失っているとしても。
posted by しおのや at 18:05| Comment(0) | 隔日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。